箱嶋家住宅主屋とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 国指定文化財等データベース > 箱嶋家住宅主屋の意味・解説 

箱嶋家住宅主屋

名称: 箱嶋家住宅主屋
ふりがな はこしまけじゅうたくしゅおく
登録番号 40 - 0056
員数(数): 1
員数(単位):
構造 木造2階建、瓦葺建築面積102
時代区分 明治
年代 明治初期
代表都道府県 福岡県
所在地 福岡県福岡市東区馬出2-662
登録基準 造形規範となっているもの
備考(調査): 福岡市町家福岡市教育委員会平成2年3月
施工者:
解説文: 唐津街道東面する木造2階建の町家桁行間半梁間間半切妻造平入で、屋根桟瓦葺とする。正面1階は中央戸口開き両脇出格子とする。2階は全面出格子とする。内部は北側に通り土間、南に1列3室が並ぶ伝統的町家平面である。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

箱嶋家住宅主屋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




箱嶋家住宅主屋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2014 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2014 Weblio RSS