戦闘ヘリコプターとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > ヘリコプター > 戦闘ヘリコプターの意味・解説 

戦闘ヘリコプター AH-64D 通称 アパッチ・ロングボウ

戦闘ヘリコプター 緒元性能
乗員

2人

機体
全長 17.6m(胴体長15.0m)
全幅  4.98m
全高  4.9m
ローター直径 14.63m
製作 富士重工
エンジン  
名称 T700-701C
出力 1.800SHP×2
製作 石川島播磨重工
最大全備重量 10.400Kg
最大速度 約270Km/h
 
備考  
 

AH-1S後継機として、平成17年度から取得17年度の2機を含め、平成21年度までの現中期防中に7機を整備する予定メインローター上のロングボウレーダーなどにより、地上の200を超える目標探知が可能。また、デジタル通信式のデータリンクシステムを搭載し、戦術情報共有することができる。日本独自仕様となる空対空ミサイルスティンガー」をはじめ、70mmロケット弾、ヘルファイヤミサイル、30mm機関砲武装する。


【戦闘ヘリコプター】(せんとうへりこぷたー)

攻撃ヘリコプター同義
戦闘用ヘリコプター」から生まれ言葉考えられ、軍事専門にしないwebサイト文書で用いられることが多い。
まれに「戦闘」という言葉から、戦闘機のような役割空中戦能力を持つと誤解されることもあるが、現在の軍用ヘリコプターにおいては自衛用の空対空ミサイル携行する程度である。

ただし陸上自衛隊富士重工では、新規採用したAH-64DJPが空対空ミサイルなどを有し、またロングボウ型はミリ波レーダーによる高度な索敵力も備えており、攻撃以外の任務にも適するとして、正式に「戦闘ヘリコプター」というカテゴリー与えている。


攻撃ヘリコプター

(戦闘ヘリコプター から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/30 03:08 UTC 版)

攻撃ヘリコプター(こうげきヘリコプター、Attack Helicopter)は、武器を搭載し、対地攻撃を主任務とする軍用のヘリコプターである。


  1. ^ バートル社の旧名(現ボーイング・ヘリコプター)
  2. ^ これは、陸軍側が自前の航空戦力・対地攻撃能力を手にする事を、空軍側が嫌ったためでもあった。この後の本格的な攻撃ヘリコプター開発構想の段階でも、空軍側は当初強い反対の姿勢を取っている


「攻撃ヘリコプター」の続きの解説一覧





戦闘ヘリコプターと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

戦闘ヘリコプターに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「戦闘ヘリコプター」の関連用語

戦闘ヘリコプターのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

地対空誘導弾

クリーン

軽装甲機動車

二重反転ローター

90式戦車

F-22

コンフォーマルタンク

坑道堀削装置





戦闘ヘリコプターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
陸上自衛隊陸上自衛隊
Copyright (C) 2017 陸上自衛隊 All rights reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの攻撃ヘリコプター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS