予防原則とは?

Weblio 辞書 > 学問 > バイテク用語 > 予防原則の意味・解説 

よ ぼうげんそく -ばう- [4] 【予防原則】 〔precautionary principle〕

ある物質技術環境に深刻で回復不可能な損害を及ぼす可能性があるとき,因果関係科学的に完全に立証されていなくても,効率より安全を優先して事前に規制のための政策や行動を起こすべきだという考え方事前警戒原則

予防原則

【英】: Precautionary Principle
ハザード(危険)を回避するため、未然対策を取るという考え方環境・衛生問題対処基準として国内政策国際条約盛り込まれている。

1970年代から「海洋投棄条約」などに取り入れられ、1992年に「環境と開発に関するリオ宣言」の中で「環境を守るためには各国はその能力に応じて予防アプローチ広く採用する。重大なあるいは回復不能損害脅威考えられる場合十分な科学的根拠がないことを理由費用効果の高い環境悪化防止策先延ばしにしてはならない。」と記され、環境問題への基本的基準となった。

身近な例では、地域汚染減少する可能性として、廃棄物やごみを減らし、リサイクル品使用すること、医療スタッフ感染予防のため、手袋マスク着用することなどが予防原則に当てはまる。

遺伝子組み換え食品


予防原則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/06/26 08:34 UTC 版)

予防原則(よぼうげんそく)とは、化学物質遺伝子組換えなどの新技術などに対して、環境に重大かつ不可逆的な影響を及ぼす仮説上の恐れがある場合、科学的に因果関係が十分証明されない状況でも、規制措置を可能にする制度や考え方のこと。1990年頃から欧米を中心に取り入れられてきた概念であるが、「疑わしいものはすべて禁止」といった極論に理解される場合もあり、行政機関などはこの言葉の使用に慎重である。予防措置原則とも言う。欧州では、この概念を食品安全など人の健康全般に関する分野にも拡大適用しはじめたが、他の国・地域では必ずしも受け入れられていない。




「予防原則」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「予防原則」の関連用語

予防原則のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

たいよう

松樹図鐔

ボーイング式737-400型

新趣味

ケベック

さんふらわあ さっぽろ

山比古湧水

八川水源の森





予防原則のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの予防原則 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS