ポートライナーとは?

Weblio 辞書 > 電車 > 電車図鑑(神戸新交通) > ポートライナーの意味・解説 

ポートライナー(2000型車両)

ATO自動列車運転装置)による無人運転
自動運転を行うATO装置は、ATC装置で完全にバックアップしており、さらにより高い信頼性確保するため、これらの装置多重系化構成としています。
ゴムタイヤ使用
8000型車両では、パンクを防ぐためゴムタイヤ内にウレタンゴム充填していましたが、2000型車両では、1000型(六甲ライナー)と同様にお客様への乗り心地重視空気タイヤ採用しています。なお、万一パンク備えましてパンク検知装置司令所にパンク発生知らせと共にタイヤ内のホイール外周中子(なかご)と呼ばれるリング装着により入庫までの走行出来るようになっています。
バリアフリー強化
2000型車両は、8000型車両比べ室内スペース拡大車椅子スペース設置ホーム床面車両乗降口の段差縮小など、主にバリアフリー強化・向上に重点を置いて製造されています。

システムは、ポートアイランド線及び六甲アイランド線実績を積んだ無人運転を基本に、更に建設費の低廉化運営効率化安全性快適性の向上を目指したものとしています。


2000型車両
▲ポートライナー(2000型車両)
車両主要諸元
 寸法  
  車体長さ : 8,400 mm
  最大高さ : 3,270 mm
  車体最大幅 : 2,492 mm
  定員JIS : 先頭車 48人/両
  中間車 50人/両
  自重 : 10.5 t
 運転性能  
  最高速度 : 70km/h
  表定速度 : 27.4km/h
ループ周回時21km/h)
  加速度 : 3.5km/h/s
  減速度 : 常用 3.5km/h/s
  非常 4.5km/h/s
 車両構成  
  1列車6両固定編成

ポートライナー(8000型車両)

ATO自動列車運転装置)による無人運転
自動運転を行うATO装置は、ATC装置で完全にバックアップしており、さらにより高い信頼性確保するため、これらの装置多重系化構成としています。
ゴムタイヤ使用
走行輪は、騒音振動対策としてゴムタイヤ使用しています。また、パンク対策としてウレタンゴムタイヤ内部充填しております
バリアフリー強化
バリアフリー化の進んだ2000型車両導入あわせて8000型につきましても、各車両改造施し車椅子スペース及び運行案内表示装置設置しました。
8000型車両
▲ポートライナー(8000型車両)
車両主要諸元
 寸法  
  車体長さ : 8,000 mm
  最大高さ : 3,190 mm
  車体最大幅 : 2,390 mm
  定員JIS : 先頭車 45人/両
  中間車 46人/両
  自重 : 10.5 t
 運転性能  
  最高速度 : 60km/h
  表定速度 : 27.4km/h
ループ周回時21km/h)
  加速度 : 3.5km/h/s
  減速度 : 常用 3.5km/h/s
  非常 4.5km/h/s
 車両構成  
  1列車6両固定編成

ポートライナー

英語 port liner

シリンダーへッドの排気ポート中に設け内張り状の断熱層のこと。排気温度確保し、排気系での有害排気成分浄化助長するため、排気ポート内側耐熱合金セラミック製の内張り設け排気ポート周囲から冷媒(冷却水)への放熱を減らすために装着する。一般に鋳込みによりライナーまわりに空間設け軽合金シリンダーヘッド固着する。この空間断熱層となる。

参照 シリンダーへッド
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

神戸新交通ポートアイランド線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/03 17:05 UTC 版)

(ポートライナー から転送)

ポートアイランド線(ポートアイランドせん)は、三宮駅からポートアイランドを経由し神戸空港駅までを結ぶ、神戸新交通AGT路線である。全線が兵庫県神戸市中央区内を走行する。愛称はポートライナー




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ a b 走行車軸の中心間。案内軌条間は2,430mm、集電装置間は2,796mm。
  2. ^ 正式には、本線・支線等の区別はない。また、三宮駅から市民広場駅、北埠頭駅を経て中公園駅に至る路線の方が先に開業している。
  3. ^ ポートターミナル駅南側のポートピア大橋との接続部。
  4. ^ 混雑率では、日暮里・舎人ライナーが上回るものの、輸送力、輸送人員はともにAGTの中で最も多い。
  5. ^ 過去には、1999年から2004年の間、広島高速交通広島新交通1号線(アストラムライン)で急行列車が運行されていたことがある。
  6. ^ なお、移行される際に、ポートアイランド内の値上げに対する反対意見が多く見られたことから、ポートアイランド内は現行維持とし、事実上の値下げ区間も発生した。
  7. ^ 年によっては1月上旬まで運行。

出典

  1. ^ a b 市民のグラフ こうべ No.101(昭和56年2月)ポートライナー”. 神戸市市長室広報課. 2015年7月3日閲覧。
  2. ^ 『鉄道ファン』通巻650号 p.118
  3. ^ 『鉄道ファン』通巻650号 p.115
  4. ^ 『鉄道ファン』通巻650号 p.117
  5. ^ a b c d e f 『鉄道ジャーナル』通巻393号
  6. ^ ポートライナーのダイヤ改正 (PDF) - 神戸新交通、2011年3月10日[リンク切れ]
  7. ^ a b ポートライナー増備車両の導入及びダイヤ改正について”. 神戸新交通. 2016年2月5日閲覧。
  8. ^ 神戸の「ポートライナー」初代車両引退へ - YOMIURI ONLINE、2009年10月16日
  9. ^ ポートアイランド線の駅名変更について (PDF) - 神戸新交通、2010年10月28日。[リンク切れ]
  10. ^ 川島令三著 『日本三大都市 未完の鉄道路線』 p305
  11. ^ a b c d e 国土交通省鉄道局監修『鉄道要覧』平成18年度版、電気車研究会・鉄道図書刊行会、p.207, 242
  12. ^ 中公園・北埠頭間運行計画 (PDF)”. 神戸大学附属図書館. p. 3 (1995年5月15日). 2015年7月3日閲覧。
  13. ^ 運行再開に係る連絡票 (PDF)”. 神戸大学附属図書館. p. 5 (1995年6月5日). 2015年7月3日閲覧。
  14. ^ 運行再開に係る連絡票 (PDF)”. 神戸大学附属図書館. p. 9 (1995年7月31日). 2015年7月3日閲覧。
  15. ^ 外山勝彦「鉄道記録帳2002年11月」、『RAIL FAN』第50巻第2号、鉄道友の会、2003年2月1日、 21頁。
  16. ^ 会社沿革”. 交友印刷株式会社. 2017年1月4日閲覧。
  17. ^ “「神戸どうぶつ王国列車」運行について” (プレスリリース), 神戸市, (2015年6月22日), http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2015/06/20150622161301.html 2017年1月3日閲覧。 
  18. ^ “「神戸どうぶつ王国列車」運行について” (プレスリリース), 神戸市, (2016年6月10日), http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2016/06/20160610161301.html 2017年1月3日閲覧。 
  19. ^ 「神戸どうぶつ王国列車」の運行について”. 神戸新交通公式Facebookライナーくん (2016年6月11日). 2017年1月3日閲覧。
  20. ^ 本日7/2㈯「神戸どうぶつ王国列車」が運行しました!”. 神戸どうぶつ王国公式Facebook (2016年7月2日). 2017年1月3日閲覧。
  21. ^ 劇場版「ペルソナ3」公開記念一日乗車券の発売について - 神戸新交通、2013年10月25日閲覧


「神戸新交通ポートアイランド線」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ポートライナーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ポートライナー」の関連用語

ポートライナーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

キセノンバルブ

1000型車両

防錆処理

1000型車両

ドアウインドウガラス

2000型車両

スターター

1000型車両





ポートライナーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
神戸新交通神戸新交通
COPYRIGHT(C) KOBE NEW TRANSIT CO.,LTD ALLRIGHTS RESEVED.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神戸新交通ポートアイランド線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS