新交通システムとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 鉄道用語 > 新交通システムの意味・解説 

新交通システム

自動車による交通混雑緩和や、排気ガス抑制など環境保護のため、新し交通機関として取り上げられ、各地導入されています。例えば、神戸市ポートライナーなどのガイドウェイシステムや、モノレールミニ地下鉄リニアモーターカーなどがあります

ガイドウェイシステムは、既存鉄軌道コンピューター制御自動化省力化した輸送システムです。ポートライナーのほか、大阪南港ポートタウン線のニュートラム千葉県ユーカリが丘ニュータウン公園線で運行されています。


新交通システム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/02/29 21:07 UTC 版)

新交通システム(しんこうつうしすてむ)とは、日本における公共交通機関のうち、普通鉄道地下鉄などの従来とは異なる交通システム全般を指す日本独自の総称である。定義が定まっておらず概念の混乱が生じているため、名称が広まると同時期に多く普及した「自動案内軌条式旅客輸送システム (AGT) 」そのものを指す用例が多くみられ、事実上の狭義となっている。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 元々はウェスティングハウス・エレクトリック社が開発したAGTの一種のシステムを指す名称であったが、海外ではこのシステムが当初は多く採用されたため、他のシステムを含めた AGT 全体のことを APM と呼称する。三菱重工業で製造された海外・空港向けの車両も APM として輸出している。
  2. ^ フランス語発音: [val] ヴァル
  3. ^ フランス語発音: [veikyl otɔmatik leʒe] ヴェイキュロトマティクレジェ。元々はこのシステムで最初に開業した路線 (: Villeneuve d'Ascq à Lille) の頭字語とされていたが、同システムが他都市でも導入されたことから軽量自動車両を意味する頭字語へと改められた。

出典

  1. ^ 『鉄道ファン』通巻637号、 95頁
  2. ^ 日本工業規格 特殊鉄道車両用語”. 日本工業規格. 2016年2月19日閲覧。
  3. ^ 井口雅一「実現した新交通システム―中量軌道システム―」、『電氣學會雜誌』第102巻第1号、電気学会1981年10月5日、 6-9頁。
  4. ^ 水間毅、松本陽「いろいろな都市交通システムの比較」、『電気学会誌』第119巻第3号、電気学会1997年11月5日、 152-155頁。


「新交通システム」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

新交通システムに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「新交通システム」の関連用語

新交通システムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

金鈴樹

文覚井

揖保川

マツバゴチ

8000系

頭蓋

エドモントサウルス・アネクテンス

シエナ





新交通システムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本民営鉄道協会日本民営鉄道協会
(C) 2016 (社)日本民営鉄道協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新交通システム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS