六甲ライナーとは?

Weblio 辞書 > 電車 > 電車図鑑(神戸新交通) > 六甲ライナーの意味・解説 

六甲ライナー(1000型車両)

ATO自動列車運転装置)による無人運転
 ポートライナー同様、各装置とも多重構成とし、ATC装置バックアップされたATO装置により高い信頼性確保し、無人による自動運転を行っております
ゴムタイヤ使用
  ポートライナーでは、ゴムタイヤ内にウレタンゴム充填することによりパンクを防いでいましたが、六甲ライナーではお客さまへの乗り心地重視ゴムタイヤ内に窒素ガス充填しております
 なお、万一パンク備えまして走行路(線路)にパンク検知装置配備することにより指令所にパンク発生知らせとともにタイヤ内のホイール外周中子(なかご)と呼ばれるリング装着することにより入庫までの走行出来るようになっています。
 
1000型車両

1000型車両
▲六甲ライナー(1000型車両)
車両主要諸元
 寸法  
  車体長さ : 8,000 mm
  最大高さ : 3,210 mm
  車体最大幅 : 2,390 mm
  定員JIS : 先頭車 42人/両
  中間車 46人/両
  自重 : 10.5 t
 運転性能  
  最高速度 : 62.5km/h
  表定速度 : 27km/h
  加速度 : 3.5km/h/s
  減速度 : 常用 3.5km/h/s
  非常 4.5km/h/s
 車両構成  
  1列車4両編成

神戸新交通六甲アイランド線

(六甲ライナー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/08 06:48 UTC 版)

六甲アイランド線(ろっこうアイランドせん)は、住吉駅から六甲アイランドのマリンパーク駅に至る神戸新交通AGT路線である。全線が兵庫県神戸市東灘区内を走行する。愛称は六甲ライナー




[ヘルプ]
  1. ^ a b 走行車軸の中心間。
  2. ^ 神戸新交通六甲アイランド線 車両製造者の決定について - 神戸新交通、2015年3月26日
  3. ^ 神戸新交通六甲アイランド線 車両製造者の決定について (PDF) - 神戸新交通、2015年3月26日
  4. ^ 川崎重工、神戸新交通六甲アイランド線新型車両を受注 - 2017年度から納入 - マイナビニュース、2015年4月2日版(2015年9月1日閲覧)
  5. ^ 神戸新交通 六甲ライナー - KEN OKUYAMA DESIGN、2016年7月10日閲覧
  6. ^ a b 国土交通省鉄道局監修『鉄道要覧』平成18年度版、電気車研究会・鉄道図書刊行会、p.207, 242
  7. ^ a b c 「阪神大震災から1年」、『鉄道ジャーナル』第30巻第4号、鉄道ジャーナル社1996年4月、 86-88頁。
  8. ^ 大阪圏における高速鉄道を中心とする交通網の整備に関する基本計画について(抄) (答申第10号)平成元年5月31日 運輸政策審議会 (PDF)


「神戸新交通六甲アイランド線」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「六甲ライナー」の関連用語

六甲ライナーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

2000型車両

1000型車両

1000型車両

1000型車両

8000型車両





六甲ライナーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
神戸新交通神戸新交通
COPYRIGHT(C) KOBE NEW TRANSIT CO.,LTD ALLRIGHTS RESEVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの神戸新交通六甲アイランド線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS