ソフトボールとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > ボール > ソフトボールの意味・解説 

ソフトボール [4] 【softball】

野球ボールよりもやや大形軟らかいボール。また,それを用いて行う野球に似たスポーツ野球より各塁間はやや短く,投手は下から投球する。試合回数原則として七回。1900年ころアメリカ誕生日本には21年大正10)に初め紹介された。ソフト。

ソフトボール

作者ヨシイドク,ヨシイミツ

収載図書ねむりばこ
出版社新風舎
刊行年月2004.7


ソフトボール

歴史と沿革


ソフトボールは野球を基に考案されましたが、野球場よりも小さめ競技場大きく柔らかいボール使用など独自のルールあります野球が盛んだったアメリカ19世紀末、冬季練習用に考案されました。当時はインドア・ベースボールなどと呼ばれていましたが、1926年コロラド州アマチュア・ソフトボール協会設立されたのを機にソフトボールという名称が広がったようです1934年には統一ルールもつくられ、以来安全性も高く、年齢性別関わらずプレーしやすいソフトボールは世界的普及していきます。

1951年には国際ソフトボール連盟(ISF)が設立され、1965年に第1回世界女子選手権大会が、翌66年には第1回世界男子選手権大会開催されています。オリンピックには1996年アトランタ大会から女子の正式種目となりました。2008年北京大会最後に除外され、現在は、正式種目への復帰目指しPR活動などが行われています。


日本におけるソフトボールの歴史
日本にソフトボールが伝わったのは1921年大正10年)、アメリカ留学から帰国した東京高等師範学校大谷武一教授学校体操科の遊戯として紹介したことといわれています。1927年(昭和2年)には正式に学校体育の種目に採用され、1946年昭和21年)には大阪府下12校の女子チームによって日本初大会開催されました。

1949年昭和24年)には日本ソフトボール協会JSA)が日本軟式野球連盟から分離独立する形で設立され、さらに第1回全日本女子選手権大会開催されました。JSA主催する「日本ソフトボールリーグ」は女子1968年男子1972年スタートしています。

国際的には1951年ISF加盟以降女子代表が世界選手権などに出場するようになります。オリンピックの正式種目となった1996年アトランタ大会出場して4位入賞その後2000年シドニー大会銀メダル2004年アテネ大会銅メダル2008年北京大会では念願金メダル獲得しています。また、男子代表も2000年の第10世界男子選手権準優勝するなど、男女とも世界トップレベルを誇っています。


競技方法・ルール


野球類似した競技方法で、2つのチーム攻撃守備分かれ規定回数内(正式試合では7回)で攻守交替しながら得点を競います。投手速いボール投げることが認められているファストピッチゲームと、適度に遅いボール投げるように定められているスローピッチゲームの2種類があり、ルールも少し異なります。

ダブルベース
ソフトボール独自のルールのひとつで、一塁ダブルベースを置いてプレーします。野球よりも塁間 (18.29m)が短いソフトボールでは一塁でのクロスプレー多く打者走者野手との接触によるケガ発生リスクが高いことから、考案されました。1987年ISFルール委員会提案可決され、1994年世界女子ソフトボール選手権大会から使用され、1997年からJSAルールにも採用されています。


ベース大きさは38.1cmX76.2cmで、白色ベースフェア地域に、オレンジ色ベースファウル地域固定して使います。基本的に白色ベース使いますが、内野ゴロなどでクロスプレー予想される場合原則として打者走者オレンジ色ベース走り抜け守備側は白色ベースを使うことでクロスプレー回避します。

タイブレーカー
ソフトボールの正式試合において規定の7回終了時点同点場合勝敗早く決定するため8回表から採用されるルールです。7回最後に打撃完了した選手二塁走者とし、次打者打席入り無死二塁状況からゲームスタートします。8回裏も同様に行い勝負決するまで同じ方式続けます。ISF初めてこのルール採用した1987年では延長10回からの採用でしたが、2002年ルール改正で8回からとなりました。JSAルールISF準じています。

*より詳しい競技説明ルールは(財)日本ソフトボール協会ルールページご参照ください


競技場・用具など

競技場
ソフトボールでは本塁から外野フェンスまでの距離は一定基本です。距離の規定ISFルールでは2002年改正以降女子220フィート(67.06m)以上、男子250フィート(76.20m)以上となっています。ただし、JSAでは、既存施設問題などがあり、女子200フィート(60.96m)以上、男子225フィート(68.58m)以上のまま、改正留保しています。

投手捕手投手板から本塁まで)の距離は2002年ISFルール改正以降女子43フィート(13.11m)以上、男子46フィート(14.02m)に規定されています。また、投手板として半径8フィート(2.44m)のピッチャーズサークルがあり、マウンドはなく平坦です。


ボール
大きさ円周)は30.2cm~30.8cm(12インチ)。色はISF主催大会では2002年から、黄色に赤ステッチ(革の部分黄色縫い目部分赤色)のイエローボールが使用されています。JSAでも、2002年の日本女子ソフトボールリーグ1部でイエローボールが使用されて以降、イエローボールを使用する大会が増えています。


バット
長さは86.4cm (34インチ以内重さは1077g (38オンス以内、太い部分直径は5.7cm。材質金属主流ですが、他に木、竹、カーボン合金セラミックなど各種あります

上記の他、詳細規定については、こちらご参照ください



ソフトボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/09 01:03 UTC 版)

ソフトボール(Softball)は、野球から派生した球技で、野球と基本形は同じだがグラウンドサイズ、使用球などルールが幾分異なっている。野球に比べ、狭い土地でも行うことができ、ボールも大きく安全性が高いため、老若男女を問わずに楽しむことができる。塁球(るいきゅう)ともいう。




  1. ^ このルールは現在ファストピッチでも広がってきている。
  2. ^ [1]
  3. ^ 日テレニュース24 [2]による。



ソフトボール

出典:『Wiktionary』 (2010/11/06 15:09 UTC 版)

ソフト+ボール

語源

発音

そふとぼーる
IPA: /??/
X-SAMPA: /??/

名詞

  1. スポーツ一種野球を、女性若年楽しめるよう、ボール大型にするなどの改良加えたもの。

翻訳






ソフトボールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ソフトボールに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ソフトボール」の関連用語

ソフトボールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

クリケット

クロッケー

スポーツチャンバラ

ゲートボール

ダンススポーツ

スポーツチャンバラ

キャンプ

気功





ソフトボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソフトボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのソフトボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2016 Weblio RSS