ゲートボールとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > ボール > ゲートボールの意味・解説 

ゲートボール

作者柴田元幸

収載図書短篇集 バレンタイン
出版社新書館
刊行年月2006.6


ゲートボール

作者清水保野

収載図書死の日付
出版社山梨日日新聞社
刊行年月2007.3


ゲートボール

ルーツと沿革

ゲートボールは、1947(昭和22)年、北海道在住鈴木栄治氏が、戦後混乱のなかで満足な遊び道具のない子どもたちに「明る笑顔希望満ち溢れるように!!」と願いヨーロッパで盛んだったクロッケーベースに「手軽に遊べるスポーツ」として考案しました。

その後手軽体力的な負担少ないこと、また戦略性を要し脳の活性化に役立つという特性から、本来の目的であった子どもたちへの浸透とは反対に高齢者適したスポーツとして注目を浴び、全国的広がりました。

現在では、世代間交流などのコミュニケーション・ツールとしての注目が高まり、子どもから高齢者まで、年齢性別を問わず「いつでも、どこでも誰とでも気軽に楽しめるスポーツ」として、新しいゲートボールへと変わりつつあります

日本愛好者数は100万人以上と言われており、その勢い日本国内にとどまらずアジア南米地域中心に世界30上の国と地域で約1,000万人愛好者が楽しむ世界的スポーツとしても成長しています(平成18年1月現在)。


ゲームの魅力

近年における子ども教育変化に伴い競技スポーツ、レクリエーション・スポーツとしての両面を持つゲートボールがもたらす効果魅力再認識され、現在は、多く小・中学校などでクラブ活動などに採択されております

同じ道具コートで、誰もが対等プレイヤーとして楽しめる「ゲートボール」。仲間同士もちろんのこと時には、「子ども」対「大人」や、世代が違うチーム一緒になる家族」、「地域対抗戦など、様々な目的合わせて遊べることができ、またレクリエーション真剣勝負の中で生まれてくる絆・ふれあいを育んでいくこともできるスポーツです。


コート

コート面の素材は特に定められていません。日本国内ではクレイ(土)面が一般的ですが、天然芝人工芝コートありますまた、コートサイズには幅が設けてられており、一般的には小サイズ17m×22m)が大半ですが、場所の条件利用目的によって自由に設置できるようになっています。


用具


競技方法

ゲートボール競技は、1チーム監督1名(専任)、競技者5人、交代者3人以内構成され、5人対5人のチーム戦で行います。

競技のすすめ方:
1. 先攻チームは「1番、3番、5番、7番、9番」の奇数後攻チームは「2番、4番、6番、8番、10番」の偶数打順となり、打順と同じ番号ボール使用し、1番より順次一回ずつ打撃していきます。10番の次は、また1番に戻り競技時間終了まで繰り返します。
2. 選手はスタートエリアから第1ゲート通過目指しますが、第1ゲートはスタートエリアから一打通過なければなりません。通過できなかったときは、次の打順やり直しとなります。
3. 第1ゲート通過後は、第2、第3ゲート順次通過し、最後にコート中央にあるゴールポールに当てると「上がり」となり、その選手プレー終了となります。
4. 自分ボールコート内にある相手ボール当てることを「タッチ」といい、タッチした自分と相手ボールがともにコート内に残った場合次の順序で「スパーク打撃」をします。タッチスパーク打撃によって、相手ボールゲート通過や「上がり」にすることもできます
  <スパーク打撃のしかた(右利き場合)>
(1) タッチした相手ボール拾い自分ボールの止まった位置自分ボール左足で踏む。
(2) 踏んでいる状態で、相手ボール自分ボール接触させる。
(3) 自分ボール打ち、その衝撃相手ボール移動させる。
  ※ この「タッチ」と「スパーク打撃」によって、味方ボールは有利な位置に進め、相手ボールを不利な位置に進めることができるので、作戦上、重要なプレーといえます。
5. 通常一回打撃打順交代していきますが、「ゲート通過」と「スパーク打撃」を成功させたときは、連続してもう一回自分ボールを打つことができます
6. プレー中、ボールコートの外に出た場合は「アウトボール」となり、次の打順ではコート中に入れることしかできません。ゲート通過成立しませんし、コート内のボール当てる反則となります。
7. ゲート通過それぞれ1点、「上がり」になると2点の得点加算され、選手1人最高得点は5点となり、競技時間終了時のチームの総得点勝敗決定します。

ゲートボールは頭脳派スポーツ?

ゲートボールは単にゲート通過競い合うではなく30分という限られた時間の中で、コート内にある10個のボール連携取りながらチームプレー勝利する、戦略性の高い特質を持っています。

ゲートボールは攻め順番一回ずつ交代するため、常に変化する相手チームボール配置順番読みながら、いかに点を取られないようにして、かつチーム得点重ねていくか、この作戦リアルタイム組み立てていく面白さがあります

問い合わせ

ゲートボールは、「高齢者スポーツ」というイメージ違い実際にやってみると、意外と難しく精神面や集中力養われるのはもちろんのことコートのなかにある10個のボール配置から、「自分がどうプレーすれば仲間勝利につながるか」というチームプレー作戦が重要で、大変奥が深く頭の体操にもなり、まさに、心と身体育成適したスポーツです。また、様々な世代環境の違う人たちとの交流海外との交流各地盛んに行われており、人と人を信頼でつなぐコミュニケーション・ツールとしても最適スポーツ言えます。

ぜひ、スティック握りボール打撃し、ゲートをはずしたときのくやしさもどかしさゲート通過やロングタッチを決めたときのうれしさを、家族地域みなさん体験してみてください



ゲートボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/20 17:30 UTC 版)

ゲートボールは、5人1組の2チーム対抗で行われる日本発祥のスポーツ






「ゲートボール」の続きの解説一覧





ゲートボールと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ゲートボールに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ゲートボール」の関連用語

ゲートボールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アメリカンフットボール

エアースポーツシューティング

パラシュートスポーツ

ジョイアスロン

マウンテンバイク

ボディボード

ウォールハンドボール

馬術





ゲートボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
笹川スポーツ財団笹川スポーツ財団
Copyright © 2016 SASAKAWA SPORTS FOUNDATION. All Rights Reserved.
笹川スポーツ財団
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのゲートボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS