Hy Hyの概要

Hy

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/23 10:03 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
Hy
Hy logo - Cuddles the cuttlefish
パラダイム Multi-paradigm: procedural, functional, object-oriented, meta, reflective, generic
登場時期 2013年(7年前) (2013
設計者 Paul Tagliamonte
最新リリース 0.19.0 / 2020年7月16日[1]
評価版リリース 0.17.0 / 2019年5月20日(14か月前) (2019-05-20
影響を受けた言語 Lisp, Kawa, Clojure, Common Lisp
プラットフォーム Cross-platform
ライセンス MIT-style
ウェブサイト hylang.org
拡張子 .hy
関連言語 Lisp
テンプレートを表示

KawaClojureにおいて、S式Java仮想マシン(JVM)の抽象構文木にマッピングされるのと同様に[3]、Hyは、Pythonの抽象構文に対する透過的なLispフロントエンドとして使用することが想定されている[4]。Lispではコード自体をデータとして操作することが可能である(メタプログラミング)ため、Hyをドメイン固有言語(DSL)として使用することができる[5]。Hyのコードは、コンパイル[note 1]時に両言語のコードをPythonのASTにステップ変換するため、標準ライブラリを含むPythonのライブラリにインポートしたり、ライブラリからHyのコードにアクセスしたりすることが可能である[note 2][6][7][8]

コード例

以下はHy言語のドキュメントからの引用である[9]

=> (print "Hy!")
Hy!
=> (defn salutationsnm [name] (print (+ "Hy " name "!")))
=> (salutationsnm "YourName")
Hy YourName!

関連項目

外部リンク


  1. ^ "Compiled" is a term which may apply to expressing Hy code in Python's AST or converting that AST into bytecode, the latter being dependent on the specific Python interpreter used and not Hy.
  2. ^ Hy is tested on Python 2.7, 3.4 through 3.6, and PyPy.
  1. ^ 出典URL: https://github.com/hylang/hy/releases/tag/0.19.0, 閲覧日: 2020年7月17日, 題名: Release 0.19.0, 出版日: 2020年7月16日
  2. ^ Tagliamonte, Paul (2 April 2013). PyCon lightning talk (Speech). Python Conference (PyCon). Santa Clara. 2014年9月2日閲覧
  3. ^ Turto, Tuukka (2014年2月14日). “Programming Can Be Fun with Hy”. Open Source For You. http://www.opensourceforu.com/2014/02/programming-can-fun-hy/ 2014年9月2日閲覧。 
  4. ^ Edge (2014年4月30日). “Getting Hy on Python”. LWN.net. 2014年9月2日閲覧。
  5. ^ (Speech). |title=は必須です。 (説明)
  6. ^ Hy Documentation”. hylang.org. 2014年9月3日閲覧。
  7. ^ Danjou, Julien (26 March 2014). “The AST”. The Hacker's Guide to Python. pp. 165–172. https://books.google.com/books?id=B6nhAwAAQBAJ&pg=PT171 
  8. ^ Kitchin (2016年3月31日). “More on Hy and why I think it is a big deal”. The Kitchin Research Group. Carnegie Mellon University. 2018年9月19日閲覧。
  9. ^ Quickstart”. Hylang.org (2018年5月15日). 2018年9月19日閲覧。


「Hy」の続きの解説一覧

HY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/24 02:54 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

HY,hy





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

Hyのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Hyのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのHy (改訂履歴)、HY (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS