政党 法制化

政党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/20 15:45 UTC 版)

法制化

世論の政党に対する態度は、政党に対する反感、政党の容認、政党の法制化へと移り変わった。政党は本来私的結社でありなんら法的な根拠のあるものではなかったが、この結社が選挙を通じ議会や政府へと進出していくのに伴い、有権者と議会をつなぐ機能が有効なものと認められたため、徐々に政党は重視されるようになった[33]。19世紀には政党は民主主義と相容れない存在という考え方が主流であったが、選挙権の拡大とともに政党の存在は大きなものとなり、政党を中心とする民主主義が成立した[34]

各国における政党

日本

日本の政治資金規正法における定義

日本の政治資金規正法では以下のとおり規定している[35]

  • 政党 - 所属する国会議員が5人以上所属または以下の条件に該当する政治団体。政党交付金の交付を受ける政党等に対する法人格の付与に関する法律に基づき登記を行うことにより法人格を得る。
    • 前回の衆議院議員総選挙(小選挙区、比例代表)、前回または前々回の参議院議員通常選挙(選挙区・比例代表)のいずれかの全国を通じた得票率が2%以上
    • 届出制の政党助成法により政党交付金の交付の対象[36]
  • 政治資金団体 - 政党のために資金援助することを目的とした団体
  • その他の政治団体 - 上記2例以外の政治団体
    • 主義主張団体、政策研究団体、推薦団体、後援団体、特定パーティー開催団体(政治資金パーティーのうち収入が1,000万円以上)など
    • 報道などで「政党」として扱われても、設立したばかりの団体など、実際には上記政党要件を満たしていない政治団体が該当
    • 資金管理団体 - 公職の候補者が代表者である政治団体のうち、政治資金の拠出を受けるべき政治団体として指定したもの

国会議員関係政治団体(以下の1.~3.)は、収支報告に関する特例が設けられている[37]

  1. 国会議員、候補者が代表者である政治団体(1号団体)
  2. 寄附金控除制度の適用を受ける政治団体のうち、特定の国会議員、候補者を推薦または支持を目的とする政治団体(2号団体)
  3. 政党の支部で、国会議員、候補者が代表者であるもの(みなし1号団体)

なお届出先は一つの都道府県区域で主として活動する政治団体の場合は都道府県の選挙管理委員会。政党や政治資金団体、二つ以上の都道府県にわたって主に活動する政治団体の場合は都道府県の選挙管理委員会を通した総務大臣である[35]

政党の色とシンボル

ほとんどの政党は、有権者が政党を認識し識別しやすくするために、シンボルカラーやシンボルマークを制定している。こうしたイメージ戦略は、文字の読めない人が投票用紙の文字の代わりにシンボルマークや色で判断して投票を行うため、識字率の低い国家ではとくに有効である[38]。イデオロギーが同じである政党は、どの国でも同じシンボルカラーを使用する場合が多い[39][40]。また、シンボルカラーは画像メディアで政党を表現する際にも利便性が高い[41]。シンボルカラーによって政党連合を現わすこともできる[42]台湾における泛緑連盟泛藍連盟などがこの例である。

ただし、色とイデオロギーの関係には一貫性がなく、同じイデオロギーでも別の国で別の色を使用することや、同じ国で別のイデオロギーの政党が同じシンボルカラーを使用することもけっして珍しくはない[43]。たとえばアメリカ合衆国では、通常は共産主義や社会主義に用いられる赤を保守的な共和党が使用し、保守主義に用いられることの多い青をリベラルな民主党が使用している[39][44]

イデオロギー シンボル 脚注
農本主義
  •  
[40]:58[45][46][47]
アナキズム
  •  
  •  
[48][49][50][51]
中道主義
  •  
[52][53]
共産主義
  •  
[54][55][56]
保守主義
  •  
[57][58]
民主社会主義
  •  
  • 握手
  • 赤いバラ
[59][60]
全体主義
  •  
  •  
[40]:56[61][62]
フェミニズム
  •  
  •  
  •  
  •   ピンク
[63][64]
緑の政治
  •  
  • 太陽
  • ひまわり
[65][66]
イスラム主義
  •  
[39][67]
自由主義
  •  
[41][68][69]
リバタリアニズム
  •  
ヤマアラシ [39][70][71][72]
王党派
  •  
  •  
  •  
王冠 [40][73][74]
平和主義
  •  
[40][75]
社会民主主義
  •  
  • 握手
  • 赤いバラ
[76][77][78][59]
社会主義
  •  
赤いバラ [54][79][80][81][59]

  1. ^ 「名誉の政治学-バークの政党論を手がかりに」苅谷千尋(政策科学14(1)立命館大学)[1][2][3]によると18世紀のイギリス下院議員エドマンド・バークは、政党について名誉や徳目による結合であり、私利私欲に基づく人間集団(徒党)ではないとしている。
  2. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典や百科事典マイペディア「政党」(コトバンク)
  3. ^ 精選版 日本国語大辞典「結党」(コトバンク)
  4. ^ 精選版 日本国語大辞典「解党」(コトバンク)
  5. ^ 精選版 日本国語大辞典「党員」(コトバンク)
  6. ^ 大辞林 第三版「党首」(コトバンク)
  7. ^ 大辞林 第三版「党友」(コトバンク)
  8. ^ 世界大百科事典 第2版「綱領」(コトバンク)
  9. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ヘゲモニー政党制 (コトバンク)
  10. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ) 「与党・野党」 (コトバンク)
  11. ^ a b c 水戸克典 加藤秀治郎岩渕美克(編) 『政治社会学』 一藝社 2013年 第5版 ISBN 9784863590502 pp.68-71.
  12. ^ 「Next教科書シリーズ 政治学」p117 山田光矢編 弘文堂 2011年3月15日初版1刷
  13. ^ 「新版 政治学の基礎」p93-94 加藤秀治郎・林法隆・古田雅雄・檜山雅人・水戸克典著 一藝社 2002年4月5日初版印刷
  14. ^ 「Next教科書シリーズ 政治学」p126-127 山田光矢編 弘文堂 2011年3月15日初版1刷
  15. ^ 「比較政治学」p144-145 粕谷祐子 ミネルヴァ書房 2014年9月30日初版第1刷
  16. ^ 「比較政治学」p149 粕谷祐子 ミネルヴァ書房 2014年9月30日初版第1刷
  17. ^ 「第三版 政治学入門」p198 加藤秀治郎 芦書房 2011年4月15日第3版第1刷
  18. ^ 「新版 政治学の基礎」p123-125 加藤秀治郎・林法隆・古田雅雄・檜山雅人・水戸克典著 一藝社 2002年4月5日初版印刷
  19. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ) 「派閥」 (コトバンク)
  20. ^ 「第三版 政治学入門」p63-64 加藤秀治郎 芦書房 2011年4月15日第3版第1刷
  21. ^ 「新版 政治学の基礎」p113-114 加藤秀治郎・林法隆・古田雅雄・檜山雅人・水戸克典著 一藝社 2002年4月5日初版印刷
  22. ^ 「新版 政治学の基礎」p104-105 加藤秀治郎・林法隆・古田雅雄・檜山雅人・水戸克典著 一藝社 2002年4月5日初版印刷
  23. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ) 「保守政党」 (コトバンク)
  24. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ) とブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「革新政党」 (コトバンク)
  25. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「中道政党」 (コトバンク)
  26. ^ デジタル大辞泉 「地域政党」 (コトバンク)
  27. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ) 「宗教政党」 (コトバンク)
  28. ^ デジタル大辞泉 ワンイシュー政党 (コトバンク)
  29. ^ 「第三版 政治学入門」p59-60 加藤秀治郎 芦書房 2011年4月15日第3版第1刷
  30. ^ 「現代政治学 第3版」p141 加茂利男・大西仁・石田徹・伊東恭彦著 有斐閣 2007年9月30日第3版第1刷
  31. ^ 「政治学の第一歩」p88 砂原庸介・稗田健志・多湖淳著 有斐閣 2015年10月15日初版第1刷
  32. ^ 「比較政治学」p184-185 粕谷祐子 ミネルヴァ書房 2014年9月30日初版第1刷
  33. ^ 「政党システム」p189 岩崎正洋 日本経済評論社 2020年2月25日第1刷発行
  34. ^ 「政党システム」p194-196 岩崎正洋 日本経済評論社 2020年2月25日第1刷発行
  35. ^ a b 政治団体とは 総務省
  36. ^ 政党助成制度 総務省
  37. ^ 選挙・政治資金 総務省
  38. ^ Manveena Suri; Oscar Holland (2019年4月19日). “Ceiling fans, brooms and mangoes: The election symbols of India's political parties”. CNN. https://www.cnn.com/style/article/india-election-party-symbols/index.html 2021年1月24日閲覧。 
  39. ^ a b c d Understanding Political Color Designations”. Gremillion Consulting. 2021年1月24日閲覧。
  40. ^ a b c d e Enninful, Ebenezer Kofi (2012年11月). “The Symbolism of Ghanaian Political Parties and their Impact on the Electorates”. Kwame Nkrumah University of Science and Technology. 2021年1月24日閲覧。
  41. ^ a b Malasig, Jeline (2018年5月16日). “Can you paint with all the colors of politics?”. InterAksyon. https://interaksyon.philstar.com/breaking-news/2018/05/16/126899/can-you-paint-with-all-the-colors-of-politics/ 2021年1月24日閲覧。 
  42. ^ Johnson, Ian P. (2017年11月20日). “Germany's colorful coalition shorthand”. Deutsche Welle. https://www.dw.com/en/germanys-colorful-coalition-shorthand/g-40654452 2021年1月24日閲覧。 
  43. ^ Rost, Lisa Charlotte (2018年8月28日). “Election reporting: Which color for which party?”. Datawrapper. 2021年1月24日閲覧。
  44. ^ Farhi, Paul (2 November 2004), “Elephants Are Red, Donkeys Are Blue”, The Washington Post, https://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A17079-2004Nov1.html 2021年1月24日閲覧。 
  45. ^ George, Jane (2013年3月11日). “Greenland vote likely headed for a squeaker this March 12”. Nunatsiaq News. https://nunatsiaq.com/stories/article/65674greenland_vote_likely_headed_for_a_squeaker_this_march_12/ 2021年1月24日閲覧。 
  46. ^ Finnis, Alex (2020年9月10日). “Why Boris Johnson and MPs are wearing a wheat sheaf badge on their lapel: The campaign to support British farmers explained”. i. https://inews.co.uk/news/politics/boris-johnson-wearing-wheat-sheaf-badge-lapel-today-keir-starmer-british-farmers-campaign-explained-641045 2021年1月24日閲覧。 
  47. ^ Agrarian Party of Russia”. Flags of the World (2014年2月27日). 2021年1月24日閲覧。
  48. ^ The Classical Symbol of Anarchism”. Anarchism.net. 2021年1月24日閲覧。
  49. ^ Disciplina: mando único: Partido Sindicalista”. University of California, San Diego (2014年12月9日). 2021年1月24日閲覧。
  50. ^ Baillargeon, Normand Mary Foster訳 (2013). “Introduction”. Order Without Power: An Introduction to Anarchism: History and Current Challenges. New York: Seven Stories Press. ISBN 978-1-60980-472-5. https://books.google.com/books?id=hu0j22luZ_oC&q=%22circle+A%22 
  51. ^ A quick history of the Circle-A”. Rival LA (2020年6月10日). 2021年1月24日閲覧。
  52. ^ Stephen Ansolabehere; Jonathan Rodden; James M. Snyder Jr. (2006). “Purple America”. The Journal of Economic Perspectives 20 (2): 97–118. 
  53. ^ McLarty, Scott (2019年). “Forget Red vs. Blue: The Paradigm for the 21st Century is Orange, Purple, and Green”. United States Green Party. 2021年1月24日閲覧。
  54. ^ a b Klein, Sarah (2018年4月). “Interview with Gerd Koenen: The Fading of a Political Colour”. Goethe-Institut. 2021年1月24日閲覧。
  55. ^ Tran, Bich T. (2019年8月29日). “Evolution of the Communist Party of Vietnam's Control Over the Military”. The Diplomat. https://thediplomat.com/2020/08/evolution-of-the-communist-party-of-vietnams-control-over-the-military/ 2021年1月24日閲覧。 
  56. ^ Hatherley, Owen (2013年2月12日). “Has the communist hammer and sickle had its day?”. The Guardian. https://www.theguardian.com/commentisfree/2013/feb/12/hammer-and-sickle-french-communist-party 2021年1月24日閲覧。 
  57. ^ “Why is the Conservative Party Blue”, BBC, (20 April 2006), http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/4923050.stm 2021年1月24日閲覧。 
  58. ^ Alex Marland; Tom Flanagan (December 2013). “Brand New Party: Political Branding and the Conservative Party of Canada”. Canadian Journal of Political Science 46 (4): 951–972. doi:10.1017/S0008423913001108. 
  59. ^ a b c Gottfried Korff; Larry Peterson (Fall 1992). “From Brotherly Handshake to Militant Clenched Fist: On Political Metaphors for the Worker's Hand”. International Labor and Working-Class History 42: 70–81. 
  60. ^ Speedy, Sam (2017年5月27日). “The movement behind the rose emoji that you probably don't know about”. Mashable. https://mashable.com/2017/05/27/hidden-meaning-rose-emoji-dsa/ 2021年1月24日閲覧。 
  61. ^ Fuentes, Juan Francisco (27 June 2018). “Shirt Movements in Interwar Europe: a Totalitarian Fashion”. Ler História 72: 151–173. doi:10.4000/lerhistoria.3560. 
  62. ^ Hate Symbols Database”. Anti-Defamation League (2021年). 2021年1月24日閲覧。
  63. ^ Symbols of the Women's Suffrage Movement”. United States National Park Service. 2021年1月24日閲覧。
  64. ^ The Real Meanings Behind Six Symbols of Protest”. Elephant art (2020年7月1日). 2021年1月24日閲覧。
  65. ^ Green Party Taiwan”. Global Greens (2014年9月19日). 2021年1月24日閲覧。
  66. ^ “AD+PD launches new logo to symbolise party's ethos”. Malta Today. (2020年11月14日). https://www.maltatoday.com.mt/news/national/105892/adpd_launches_new_logo_to_symbolise_partys_ethos#.YA3dcOhKiUk 2021年1月24日閲覧。 
  67. ^ Suryadinata, Leo (August 2007). “The Decline of the Hegemonic Party System in Indonesia: Golkar after the Fall of Soeharto”. Contemporary Southeast Asia 29 (2): 333–358. 
  68. ^ O'Hara, Glen (2020年8月17日). “There is still a place for Liberal Democrats in British politics”. GQ. https://www.gq-magazine.co.uk/politics/article/liberal-democrats-comeback 2021年1月24日閲覧。 
  69. ^ Cassel-Picot, Muriel "The Liberal Democrats and the Green Cause: From Yellow to Green" in Leydier, Gilles and Martin, Alexia (2013) Environmental Issues in Political Discourse in Britain and Ireland. Cambridge Scholars Publishing. p.105. ISBN 9781443852838
  70. ^ Huber, Eliza (2020年7月16日). “Why Are Primary Colors Trending In Fashion Right Now?”. Refinery29. https://www.refinery29.com/en-us/2020/07/9917658/primary-secondary-colors-fall-fashion-trend 2021年1月24日閲覧。 
  71. ^ “Youtuber mistura aberturas de "Game of Thrones" e "Tiger King" em animação” (ポルトガル語). UOL. (2020年5月18日). https://entretenimento.uol.com.br/noticias/redacao/2020/05/18/youtuber-mistura-aberturas-de-game-of-thrones-e-tiger-king.htm 2021年1月24日閲覧。 
  72. ^ Block, Walter E. (2020年11月8日). “Libertarians Spoil the Election”. The Wall Street Journal. https://www.wsj.com/articles/libertarians-spoil-the-election-11604867668 2021年1月24日閲覧。 
  73. ^ Iredale, Jessica (2021年1月20日). “The Deep Meaning of the Color Purple at the Biden Inauguration”. Town & Country Magazine. https://www.townandcountrymag.com/style/fashion-trends/a35269653/why-color-purple-biden-inauguration/ 2021年1月24日閲覧。 
  74. ^ Nandrea, Lorri (2020年2月18日). “RNC 2020 and the symbols of history: Crowns, Hornets, and Boiler Plugs”. People's World. https://www.peoplesworld.org/article/rnc-2020-and-the-symbols-of-history-crowns-hornets-and-boiler-plugs/ 2021年1月24日閲覧。 
  75. ^ Peace symbols through history”. The History Press. 2021年1月24日閲覧。
  76. ^ Adams, Sean; Morioka, Noreen; Stone, Terry Lee (2006). Color Design Workbook: A Real World Guide to Using Color in Graphic Design. Gloucester, Mass.: Rockport Publishers. pp. 86. ISBN 159253192X. OCLC 60393965. https://archive.org/details/colordesignworkb0000ston/page/86 
  77. ^ Kumar, Rohit Vishal; Joshi, Radhika (October–December 2006). “Colour, Colour Everywhere: In Marketing Too”. SCMS Journal of Indian Management 3 (4): 40–46. ISSN 0973-3167. SSRN 969272. 
  78. ^ Pâkzâd, Poyâ (2020年12月). “Denmark's "Democratic Ownership" Agenda Shows We Can Run Our Own Lives”. Jacobin. https://jacobinmag.com/2020/12/denmark-democratic-ownership-finance-act-social-democrats-red-green-alliance 2021年1月24日閲覧。 
  79. ^ “Uso de cores de partido em prédios públicos gera condenação por improbidade” (ポルトガル語). Jusbrasil. (2015年). https://ambito-juridico.jusbrasil.com.br/noticias/192209688/uso-de-cores-de-partido-em-predios-publicos-gera-condenacao-por-improbidade 2021年1月24日閲覧。 
  80. ^ Einaudi, Luca (2017年8月). “Coins of the Month -- The symbols of the French socialists from the nineteenth century to today”. www.histecon.magd.cam.ac.uk. Joint Centre for History and Economics, University of Cambridge. 2019年5月26日閲覧。
  81. ^ “¿Coincidencia? ¿Por qué estos 3 logos de partidos de izquierda son tan parecidos?” (スペイン語). Tiempo Real. (2017年9月20日). https://www.tiemporeal.com.pe/farc-frente-amplio-partido-socialista-argentino/ 2021年1月24日閲覧。 






政党と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

政党のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



政党のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの政党 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS