刑務所 歴史

刑務所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/29 06:31 UTC 版)

歴史

刑罰としての拘禁は13世紀ころから用いられるようになり、宗教裁判の広がりと共に頻繁に行われるようになったが、その当時は修道院などを一時的に使用する場合が多く、刑務所、あるいは牢獄といえば裁判を待つ未決囚や執行を待つ死刑囚などを拘禁する場所を指した。当初は長期の拘禁を予定していなかったため、裁判所庁舎などの地下などに簡易的につくられた非衛生的なものが多かった。

現代の刑務所に相当する施設は16世紀ごろから出現したとされ、ロンドンのブライトウェル宮殿やロンドン塔アムステルダムの懲治場、バスティーユの城塞を使用したものなどが代表的である。やがて、軽罪者らの罰金や債務支払いを強制するための身柄拘束施設としての役割も持ち始め、牢獄などと融合しつつ刑事施設化していった。また、死刑の縮小に伴い広がっていたガレー船漕奴刑や植民地流刑は、18世紀ころには、植民地の独立帆船の出現など社会情勢の変化と共に衰退していき、受刑者の拘禁施設の建設の必要性が高まっていった。一般に、このころの刑務所は、1703年クレメンス11世が建設したサンミケーレ感化院など一部の例外を除き、非衛生的で悪弊に富んでいたため、受刑者の人権を確保するための運動が行われるようになった。有名な運動家としてジョン・ハワード(John Howard)などが挙げられる[2]

19世紀に入ると自由刑が刑罰の中心に座るようになり、各地で本格的な刑務所の建設が行われた。主な刑務所の制度としてはオーバーン制(独居拘禁制)とペンシルベニア制(共同拘禁制)の2種類があり[3]アメリカ合衆国ではオーバーン制が、ヨーロッパではペンシルベニア制が採用され広まった。やがて、所内に近代的な工場を持つものや、金網のフェンスのみでコンクリート塀のないもの、高層ビルディング形式のものなど、監獄のイメージを払拭するような刑務所も誕生していった。

第二次世界大戦後、国際連合は刑務所全般の非衛生的環境、非人間的な強制労働、奴隷的な待遇の改善のために『国連被拘禁者待遇最低基準』を採択した。これは1957年7月31日に承認され、改めて改訂案が1977年5月13日に国際連合経済社会理事会の会合で、2015年12月17日には更なる人道的配慮に踏み込んだ改定案「マンデラ・ルール」が国連に承認された[4]。また、国連薬物犯罪事務所障害者、とりわけ精神障害者社会的少数者を始めとした特別な配慮が必要な社会的弱者の人道的配慮のために、国際人道法国際人権条約や文書を踏まえた『手引書』を作成した[5]

歴史的な更生施設・拘置施設
  • 伝馬町牢屋敷揚座敷
  • 加役方人足寄場
  • 懲治場英語版(House of correction)
  • アムステルダム男性懲治場オランダ語版(Rasphuis)
  • アムステルダム女性懲治場オランダ語版(Spinhuis) - 軽犯罪者の女性の就労支援として、紡績(Spin)が行われていたことから。
  • アノーシャボード?英語版 - 忘却の城の意。サーサーン朝ペルシャで存在を忘却されるべき人々(王室や政治犯など)が捕らえられ、場所さえも忘却されるべきとされた。

  1. ^ a b 法務省:刑事施設(刑務所・少年刑務所・拘置所)”. www.moj.go.jp. 2022年5月29日閲覧。
  2. ^ 『監獄ビジネス』51-52頁。
  3. ^ 『監獄ビジネス』46-47頁。
  4. ^ Standard Minimum Rule for the Treatment of Prisoners
  5. ^ Handbook on prisoner with special needs
  6. ^ 鄧翼群 『女子監獄』日閲堂、2011年ISBN 9888134434, 9789888134434
  7. ^ 『監獄ビジネス』146-147頁。
  8. ^ a b 菊田幸一・海渡雄一 編『刑務所改革 - 刑務所システム再構築への指針』日本評論社、2007年、P.271
  9. ^ a b 菊田幸一・海渡雄一 編『刑務所改革 - 刑務所システム再構築への指針』日本評論社、2007年、P.276
  10. ^ “塀のない刑務所”はアメリカにもあった!脱走者ゼロの理由は「ショック」療法”. FNN PRIME (2018年4月17日). 2019年7月20日閲覧。
  11. ^ a b 菊田幸一・海渡雄一 編『刑務所改革 - 刑務所システム再構築への指針』日本評論社、2007年、P.293
  12. ^ a b マット・リドレー『進化は万能である: 人類・テクノロジー・宇宙の未来』大田 直子, 鍛原 多惠子, 柴田 裕之, 吉田 三知世訳 早川書房 2016 ISBN 9784152096371 pp.311-313.
  13. ^ 『監獄ビジネス』113-122頁。
  14. ^ 国立国会図書館. “ドイツの宮殿内に監獄のようなものがあったのか,あったとすればどのようなものか知りたい。” (日本語). 2022年5月28日閲覧。
  15. ^ Degenhardt, Stephan (2013年12月3日). “Disused Prisons in Germany Turned into Hotels and Apartments” (英語). Der Spiegel. 2022年5月29日閲覧。






刑務所と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「刑務所」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||


5
100% |||||


7
100% |||||

8
100% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

刑務所のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



刑務所のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの刑務所 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS