ワモンゴキブリ ワモンゴキブリの概要

ワモンゴキブリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/18 15:14 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ワモンゴキブリ
ワモンゴキブリの全体像
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ゴキブリ目 Blattaria
: ゴキブリ科 Blattellidae
: Periplaneta
: ワモンゴキブリ
P. americana
学名
Periplaneta americana
Linnaeus, 1758
和名
ワモンゴキブリ

形態

屋内に現れるゴキブリ科の昆虫の中では最も大型の種類で、成虫の全長は平均40mm、最大48mmに達する[2]。全身は淡褐色で、胸部にリング状の斑紋(輪紋)が存在する事が和名の由来となっている[3]

オスはメスよりも羽が4~8mm長い他、腹部の先端から延びる尾角の長さ(オス成虫のほうがメス成虫よりも長い[1])や腹刺の有無(オスのみに存在)でオス・メスを判別する事ができる[2]

生態

主に地下室や下水道、共同溝などに生息し、レストランやベーカリーなどの食品店や倉庫でも容易に確認する事ができる[2]。夜行性で、建物内部だけではなくその周辺にも姿を現す[1]。 卵鞘から孵化後成虫になるまで6~12ヶ月を要し、寿命は最長3年以上にも及ぶ[3]。成虫のメスはおよそ週に1度、卵鞘を食料源が存在する近くに生み落とし、その内部には平均14~16個の卵が収納されている[4]。また、オスと交尾しなくても単為生殖によって繁殖する事が可能である[5]

雑食性で、チーズビールなどの食料品以外にも衣類デンプン糊、動物の死骸など様々なものを食する[4]

寒さに弱く、気温が20℃以下の状況では活動することが出来ない[3]

分布

原産地はアフリカとされており、世界中の熱帯から亜熱帯に広く分布する[3]。学名(americana)の由来となったアメリカでは1625年の時点で生息が確認されている[2]

日本では九州南部から南西諸島・沖縄、小笠原諸島[1]などに分布していたが、近年は家庭暖房の発達により生息域が北上し、長崎県和歌山県京都府北海道でも生息が確認されている[1]

被害

ワモンゴキブリの被害として、見た目の不快感(不快害虫)以外に以下の事柄が挙げられている[4]




「ワモンゴキブリ」の続きの解説一覧



ワモンゴキブリと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ワモンゴキブリ」の関連用語

ワモンゴキブリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ワモンゴキブリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワモンゴキブリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS