ブーゲンビル島沖海戦 参加兵力

ブーゲンビル島沖海戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/10 14:19 UTC 版)

参加兵力

日本海軍

  • 連合襲撃部隊(大森仙太郎少将)[35]
    • 本隊(大森少将直率):重巡洋艦妙高、羽黒
    • 第一警戒隊(伊集院松治少将):軽巡洋艦川内、駆逐艦時雨、五月雨、白露
    • 第二警戒隊(大杉守一少将):軽巡洋艦阿賀野、駆逐艦長波初風若月
  • 輸送隊(山代勝守大佐):駆逐艦天霧、文月、卯月、夕凪、水無月(水無月はブカ島行[35]

アメリカ海軍

戦果

  • 日本海軍の損害[68]
沈没:川内、初風
損傷:妙高(衝突による)、羽黒、五月雨(衝突による)、白露(衝突による)
  • アメリカ海軍の損害(海戦後の空襲によるモントピリアの損傷は除く)
沈没:なし
損傷:デンバー、フート、スペンス(衝突と被弾)、サッチャー(衝突による)

本海戦は日本側の完敗(連合国軍輸送船団撃滅失敗、海戦による損傷沈没艦比較)であった[69]。それでも日本側は、「重巡洋艦1隻轟沈、同2隻魚雷命中撃沈確実、大型駆逐艦2隻轟沈、重巡あるいは大型駆逐艦1隻魚雷命中撃沈確実、駆逐艦1隻同士討ちで損傷、重巡1ないし2隻および駆逐艦に命中弾」といった戦果判断をしていた[70]。また、第二十七駆逐隊司令原為一大佐は「巡洋艦1隻轟沈、同2隻撃破、駆逐艦1隻轟沈、同1隻撃破」という判断であった[71]。いずれにせよ実際の戦果とは相当な開きがあり、タロキナへの基地建設阻止および輸送船団撃滅は失敗した。この海戦後、大森少将は「拙劣な戦闘の実施に憤慨した(連合艦隊司令長官古賀提督[56]により、11月25日付で第五戦隊司令官を解任されて海軍水雷学校長に左遷となり、11月30日に退任した[72]

海戦における連合襲撃部隊の戦闘については、開戦直後から批判の的であった。第三艦隊の長井純隆首席参謀は、当時もっとも批判されていた事として「戦闘隊形が複雑であったため、運動の自由がなかったこと」を挙げている[63]。アメリカ軍(および指揮官メリル少将)の積極的な指揮と行動に対し、日本軍の指揮は稚拙かつ消極的であった[69]。時雨が00時49分に敵艦隊発見を報じてから、主隊(妙高、羽黒)が砲撃を開始したのは26分後の01時16分である[69]。第一警戒隊(川内、時雨、五月雨、白露)がアメリカ軍に対し苦戦する20分以上の間、主隊(妙高、羽黒)と第十戦隊(阿賀野、長波、初風、若月)は遊兵化してなんら支援行動を起こさず、適切な戦闘指導もなかった[69]。 第五戦隊による電探射撃についても羽黒の元砲術長と第五戦隊首席参謀の間で見解が分かれている[63]。 モントピリアの乗組だったジェームズ・J・フェーイーは「あの海戦で日本軍はレーダーを使っていたにちがいない。あれほど砲撃が正確だったのだから。それに照明弾もすばらしくて、あたりを昼間のように明るくした。魚雷発射も熟練の腕だったが、不発もあった。もし魚雷全部が有効だったら、僕は生きてこれを書いてなんかいられなかった。僕らに命中したのみたいに、中には不発があるのだ」と回想している[73]。モントピリアには魚雷が2本命中していたものの、2本とも爆発していなかった[74]

ネルソン式の全滅戦闘」[41]を採らず「攻撃部隊を単に撃退する」[41]という使命を果たした第39任務部隊であったが、全ての戦闘がうまくいったわけではなかった。太平洋艦隊司令長官チェスター・ニミッツ元帥は後年の回顧で、メリル少将の失敗としてレーダー射撃の精度と目標配分の点がマイナスであったと指摘した[56]。また、海戦においては第46駆逐群の行動が味方に少なからぬ混乱を与えていた。第46駆逐群は海戦当時、第39任務部隊に編入されたばかりで訓練の機会がなく[75]、海戦では巡洋艦群の射線方向に入り込んで射撃を阻害し[47]、前述のようにフートが巡洋艦群の前を横切ったため、デンバーがフートに衝突しかけるというアクシデントもあった[47]。ニミッツ元帥によれば、メリル少将が「戦術上の教義と、その実行が適切であった」という[56]。本海戦における勝敗の決定的な原因は「指揮官の差」にあったという意見もある[69]。メリル少将と第39任務部隊は、“ザ・スロット”と呼ばれたニュージョージア海峡で艦を一隻も失わなかった唯一の提督と艦隊として名声を高めた[76]

ラバウルに接近中の栗田健男中将率いる、第39任務部隊よりもはるかに強力であるとみられた日本艦隊出現の報により、アメリカ軍は新たに起こった緊急事態に極めて迅速に対応しなければならなかった[77][78]。 日本軍は栗田艦隊を増援として、挺身輸送隊(第十戦隊司令官:若月《旗艦》、風雲、天霧、文月、卯月、夕凪)、護衛艦隊(第二艦隊司令長官栗田健男中将:愛宕、高雄、摩耶、鳥海、能代等)による挺身上陸作戦を予定していた[79]。 米軍の二隻の空母(プリンストン、サラトガ)は新手の艦隊をブーゲンビル島に近づけさせないよう、5日にラバウルを空襲し、攻撃を受けたラバウルの日本艦隊は第二艦隊を中心にほとんどがトラック泊地へとあっさり逃げ帰っていった。

11月6日、日本海軍はタロキナ逆上陸作戦を開始[80]、第一支援隊(阿賀野、若月、風雲、浦風)・第二支援隊(能代、大波、長波)・挺身輸送隊(大波、巻波、天霧、文月、卯月、夕凪)がラバウルを出撃した。 揚陸作戦そのものは成功したが逆上陸した部隊は陸戦で敗退した[81]

陸上からは歩兵第23連隊による第一次タロキナ作戦が行われたがこちらも敗北し、後退した。




  1. ^ Military Times, Hall of Valor "Bernard Lige Austin"” (英語). Military Times. 2011年7月30日閲覧。
  2. ^ #木俣水雷p.378
  3. ^ #ニミッツ、ポッターp.180
  4. ^ a b c d e f g h i j k 戦史叢書58巻、182-183頁「ブーゲンビル島沖海戦」
  5. ^ a b #戦史96p.374
  6. ^ #ポッターp.403
  7. ^ 戦史叢書58巻、165-167頁「連合軍の北部ソロモン攻略計画」
  8. ^ a b 戦史叢書58巻、168-170頁「前哨戦―チョイセル島、モノ島」
  9. ^ a b c d #ポッターp.404
  10. ^ a b c #戦史96p.375
  11. ^ #ポッターp.404、p.405
  12. ^ a b c #ポッターp.405
  13. ^ a b #ポッターp.410
  14. ^ 戦史叢書58巻、173-174頁「連合軍の上陸とタロキナ守備隊の戦闘」
  15. ^ #戦史96p.382
  16. ^ a b c d e 戦史叢書58巻、179-181頁「海軍航空部隊の反撃」
  17. ^ a b #戦史96p.386
  18. ^ #五戦1810pp.17
  19. ^ a b c d e #戦史96p.387
  20. ^ #五戦1810pp.18
  21. ^ #五戦1810pp.36
  22. ^ #S1807三水戦日誌(4)p.67『(ニ)卯月(10月31日敵大巡ノ砲撃ニヨル)左舷前部ニ小破孔3(何レモ長サ10糎幅5糎以下)』
  23. ^ #戦史叢書96ガ島撤収後379-380頁『船団発見に伴う航空攻撃と「敵ブカ上陸」の誤報-十月三十一日』
  24. ^ #五戦1810pp.36,37
  25. ^ a b c d #フェーイーp.69
  26. ^ #戦史96p.388
  27. ^ a b c 戦史叢書58巻、175-178頁「方面軍の逆上陸部隊準備と中止」
  28. ^ #二水戦1811pp.22,23
  29. ^ #戦史96p.389
  30. ^ a b c #戦史96p.390
  31. ^ a b #南東詳報(2)pp.15
  32. ^ #二水戦1811pp.11,22
  33. ^ #二水戦1811pp.12
  34. ^ a b c d #南東詳報(2)pp.23
  35. ^ a b c d e f #戦史96p.391
  36. ^ #南東詳報(2)pp.10
  37. ^ #南東詳報(2)pp.16
  38. ^ a b c #南東詳報(2)pp.17
  39. ^ a b c d #戦史96p.392
  40. ^ #フェーイーp.67,70
  41. ^ a b c d e #ポッターp.411
  42. ^ #南東詳報(2)pp.18
  43. ^ a b c d e #南東詳報(2)pp.19
  44. ^ a b c d #戦史96p.393
  45. ^ #図説太平洋海戦史第3巻p.66
  46. ^ #原2011p.137
  47. ^ a b c #ニミッツ、ポッターp.181
  48. ^ a b #南東詳報(2)pp.20
  49. ^ #南東詳報(2)pp.44
  50. ^ a b c d #ニミッツ、ポッターp.182
  51. ^ a b #南東詳報(2)pp.21
  52. ^ a b c d #戦史96p.394
  53. ^ #南東詳報(2)pp.20,21
  54. ^ a b c d e f #ニミッツ、ポッターp.183
  55. ^ #ニミッツ、ポッターp.183,184
  56. ^ a b c d e f #ニミッツ、ポッターp.184
  57. ^ #南東詳報(2)pp.42
  58. ^ #戦史96p.394,395
  59. ^ #南東詳報(2)pp.31
  60. ^ a b #重巡洋艦戦記(2010)157-159頁『ぶざまな僚艦妙高の姿』
  61. ^ #原2011p.140
  62. ^ #五戦1811pp.23
  63. ^ a b c #戦史96p.395
  64. ^ a b #フェーイーp.75
  65. ^ a b #フェーイーp.73
  66. ^ #フェーイーp.76
  67. ^ #ニミッツ、ポッターp.179
  68. ^ #南東詳報(2)pp.43,44,45
  69. ^ a b c d e #図説太平洋海戦史第3巻p.67
  70. ^ #南東詳報(2)pp.43
  71. ^ #原2011p.138
  72. ^ #五戦1811pp.28
  73. ^ ジェームズ・J・フェーイー(著)/三方洋子(訳)『太平洋戦争アメリカ水兵日記』76ページ
  74. ^ #フェーイーp.72
  75. ^ #ニミッツ、ポッターp.180
  76. ^ #フェーイーp.128
  77. ^ #ニミッツ、ポッターp.185
  78. ^ #ポッターp.412
  79. ^ #戦史叢書96ガ島撤収後397-398頁『ラバウル進出と逆上陸計画との絡み合い』
  80. ^ 戦史叢書58巻、194-196頁「第二劍部隊の再度出撃」
  81. ^ 戦史叢書58巻、196-198頁「逆上陸戦闘の実相」





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブーゲンビル島沖海戦」の関連用語

ブーゲンビル島沖海戦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブーゲンビル島沖海戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブーゲンビル島沖海戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS