DNAマーカーとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > DNAマーカーの意味・解説 

DNAマーカー

英訳・(英)同義/類義語:DNA marker, , DNA markers, in genetic mapping

ゲノムDNA上で位置特定された、特別な塩基配列を持つDNA領域

DNAマーカー

【英】: DNA Marker, Deoxyribonucleic Acid Marker
生物がもつDNA塩基配列上の特定の位置存在する個体違いを表す目印マーカー)のこと。

DNAアデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)チミン(T)の4つの塩基が連なってできているが、この塩基並び目印となる特定の塩基配列をDNAマーカーという。

染色体中にある遺伝子位置決定するときや、植物の品種識別など(イネイチゴなど)の、あらゆる分野にDNAマーカーが利用できる。また、DNAマーカーを用いてゲノム全体地図作成することも可能である。

デオキシリボ核酸

塩基配列

アデニン

グアニン

シトシン

チミン

塩基

染色体

遺伝子

ゲノム


遺伝子マーカー

(DNAマーカー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/24 06:28 UTC 版)

遺伝子マーカー(いでんしマーカー)とは、生物個体遺伝的性質(遺伝型)、もしくは系統(個人の特定、親子・親族関係、血統あるいは品種など)の目印となる、つまりある性質をもつ個体に特有の、DNA配列をいう[1]




「遺伝子マーカー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「DNAマーカー」の関連用語

DNAマーカーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



DNAマーカーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
バイテクコミュニケーションハウスバイテクコミュニケーションハウス
copyright© communication house of biotechnology
農林水産省
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの遺伝子マーカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS