CP-12M トランジスタ式同軸ケーブル搬送装置とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > 富士通製品一覧 > CP-12M トランジスタ式同軸ケーブル搬送装置の意味・解説 

CP-12M トランジスタ式同軸ケーブル搬送装置

CP-12M トランジスタ式同軸ケーブル搬送装置

1962年の「C-12M」開発成功により国産技術レベル外国に並んだ頃、電電公社は「全国ダイヤル自動即時計画」を発表します。当時はまだすべての電話自動的につながるわけではなく交換手を介さなければならない部分も残っていました。電電公社計画は、これをすべて自動化ようとするものです。

この計画のもと、伝送装置には小型化高性能化・高信頼化が求められましたが、当時伝送装置に使われていた真空管では技術上の限界見えていました。そこで富士通新たな部品トランジスタ」にその将来を託し、1963年のCP-4Mを皮切りに新たな伝送装置発表していきます。1967年納入した「CP-12M」はその代表格です。

こうした独自の伝送装置開発する過程富士通他社激し競争繰り広げフィルタや等化器の分野では世界トップレベル技術力達し、「信頼創造富士通ブランドを築きあげました。この成果1972年世界高速10,800回線を誇った「C-60M」に結実します。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

CP-12M トランジスタ式同軸ケーブル搬送装置のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



CP-12M トランジスタ式同軸ケーブル搬送装置のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
富士通富士通
Copyright 1994 - 2021 FUJITSU

©2021 GRAS Group, Inc.RSS