810M 光伝送システムとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > 富士通製品一覧 > 810M 光伝送システムの意味・解説 

810M 光伝送システム

810M 光伝送システム

1981年アメリカ電話会社AT&T社がボストン-ニューヨーク-ワシントン間を結ぶ世界初都市長距離伝送国際入札行いました。約900kmにも及ぶこの大規模プロジェクトに対し、富士通当時まだ実用化されていなかった135Mbpsの光伝送システムによって応札し、一番獲得しましたが、国防上の政治的要因受注には至りませんでした。この模様マスコミ大々的報道され、富士通技術力アメリカ認知されていきます。

その結果、翌1982年には同国MCI社がAT&T入札時のシステムと同じものをニューヨーク開通させました。以降富士通MCI社のネットワーク拡大に応じ、405Mbps、810Mbps、1.8Gbps……と最新の光伝送システム開発納入し、アメリカ通信インフラ構築貢献しました。1985年納入した「810M 光伝送システム」はそのひとつです。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

810M 光伝送システムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



810M 光伝送システムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
富士通富士通
Copyright 1994 - 2020 FUJITSU

©2020 Weblio RSS