Annex Cとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > Annex Cの意味・解説 

Annex C

読み方アネックスシー
別名:G.992 Annex C

Annex Cとは、ADSL規格「G.992」に付帯annex)する規格のうち、日本向けの仕様定められた規格のことである。NTTフレッツ・ADSLはじめとする多く国内企業がAnnex Cを採用している。

G.992の規格には、ADSLの共通仕様規定されている。その他に地域によって状況異な仕様について、Annex AをはじめAnnex B、Annex Cなどの付帯規格定められている。

Annex A北米向け、Annex B欧州向けの規格となっているが、必ずしも当地向けの仕様準拠なくてはならないわけではなくYahoo! BBのように日本国内でAnnex Cに準拠したサービスを提供している例もある。

通信事業のほかの用語一覧
ブロードバンド回線:  Annex I  Annex A  Annex B  Annex C  Annex A(12M)  ADSLモデム  biportable

Annex C

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/05/11 09:56 UTC 版)

Annex C(アネックス シー)は、ADSLで用いられる伝送方式のひとつの略称である。正式名称は、G.992.1 Annex C 及び G.992.2 Annex C




「Annex C」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Annex C」の関連用語

Annex Cのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Annex Cのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリAnnex Cの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのAnnex C (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS