Annex A(12M)とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > Annex A(12M)の意味・解説 

Annex A(12M)

読み方アネックスエージュウニメガ
別名:Annex A.ex

Annex A(12M)とは、ADSL付帯規格Annex A」を拡張し、高速化・長距離化が図られた仕様のことである。

Annex Aは主に北米向けに規定されたADSL付帯規格であり、日本国内でもYahoo! BBによって採用されていた。Annex A(12M)は同社の12Mbps通信サービス採用されている。

従来ADSLでは、上り通信下り通信では異な周波数帯域信号利用されていた。これに対して、Annex A(12M)では、上り通信使用する周波数帯域下り通信でも使用され、帯域の有効利用による通信速度の向上が図られている。同帯域で混ざり合う上下方向信号は、エコーキャンセラーと呼ばれる技術よって分離されている。

通信事業のほかの用語一覧
ブロードバンド回線:  Annex A  Annex B  Annex C  Annex A(12M)  ADSLモデム  biportable  Bフレッツ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

Annex A(12M)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Annex A(12M)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリAnnex A(12M)の記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS