鮫島事件とは?

鮫島事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/17 22:21 UTC 版)

鮫島事件(さめじまじけん)は、匿名掲示板2ちゃんねるなど主に日本インターネット上で時折言及される事件[1][2]。「何らかの理由で真実が隠蔽されており絶対に語ってはならない内容である」という文脈で語られる項目であるが[3]、「実際には都市伝説を装ったジョークである」ともされている[4]


注釈

  1. ^ これがジョークであると仮定すれば、事件そのものも「鮫島スレ」も実在しないので「誰も知らない」のは当然である。そもそも当時、2ちゃんねるは誕生してまだ2年ほどであり「2ちゃんねる歴が長い」という言い方も冗談に属するものである。[独自研究?]
  2. ^ 現実の事件とは関係なく、あるいはオリジナルとなる事件そのものが存在していないにも関わらず、メディア上で実体に基づかないイメージが語られ暴走した結果、構築された現実感(リアリティ)。ジャン・ボードリヤール湾岸戦争の報道過熱を論じた際に用いた概念[7]

出典

  1. ^ a b 荻上 2007, pp. 208-209
  2. ^ a b c 並木 2009, p. 107
  3. ^ 並木 2009, p. 106
  4. ^ a b c 金田一 2009, p. 27
  5. ^ a b c 22世紀を目指す名無しさん(ID:yWtu.nZk) (2001年5月24日). “伝説の「鮫島スレ」について語ろう”. ラウンジ板. 2ちゃんねる. 2009年6月18日閲覧。
  6. ^ a b c “「せっかく忘れてたのに」 2ちゃんねる「鮫島事件」が映画化”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2011年6月28日). http://www.j-cast.com/2011/06/28099759.html?p=all 2011年6月29日閲覧。 
  7. ^ 荻上 2007, p. 118
  8. ^ 熊山准; 四家正紀; 山崎一幸 (2008年11月19日). “ネットの常識・非常識 第1回 ネットのクチコミって信じていいの? 後編”. R25.jp. リクルート. 2009年9月19日閲覧。
  9. ^ 熊山准; 四家正紀; 山崎一幸 (2008年11月19日). “ネットの常識・非常識 第1回 ネットのクチコミって信じていいの? 前編”. R25.jp. リクルート. 2009年9月19日閲覧。
  10. ^ a b ドリー(ID:U8rBM4nk) (2001年5月29日). “「鮫島スレ」の真相”. ラウンジ板. 2ちゃんねる. 2009年8月26日閲覧。
  11. ^ 並木 2009, p. 108
  12. ^ 「アイドリング!!!」尾島知佳、映画初主演で「鮫島事件」真相に迫る : 映画ニュース - 映画.com 2011年6月27日 06:09
  13. ^ 2ちゃんねるの呪い 劇場版”. KADOKAWA. 2014年5月25日閲覧。
  14. ^ エミューエンタテイメント 公式サイト - ウェイバックマシン(2011年4月23日アーカイブ分)
  15. ^ 【デジタル応募】映画『鮫島事件』出演者募集 - エントリー詳細 - Deview-デビュー”. 株式会社oricon ME. 2019年8月18日閲覧。


「鮫島事件」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鮫島事件」の関連用語

鮫島事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鮫島事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鮫島事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS