ガセネタとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ガセネタの意味・解説 

がせ‐ねた

《「がせ」は偽物、「ねた」は材料の意の「たね」の逆さ読み偽の情報また、いんちき商品


ガセネタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/17 08:48 UTC 版)

ガセネタとは、偽情報、事実と異なるの内容からなる情報のこと。嘘の情報、作り話。ガセは、もともと偽物という意味で、人騒がせ(ひとさわ「がせ」)からきたという説がある。ネタは商品という意味の種(タネ)が語源といわれる。もともとはインチキな商品という意見。怪しげな商品を扱う的屋隠語だったという説もある。後に、ネタという言葉が警察マスコミ関係者の間で「情報」という意味で使われるようになり、ガセネタも「偽情報」という意味で、一般でも広く使われるようになった。




「ガセネタ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガセネタ」の関連用語

ガセネタのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ガセネタのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのガセネタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS