駅開業から終戦までとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 駅開業から終戦までの意味・解説 

駅開業から終戦まで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 08:53 UTC 版)

和光市駅」の記事における「駅開業から終戦まで」の解説

1914年大正3年5月1日東上鉄道(現・東武東上本線池袋駅 - 田面沢駅開業から大幅に遅れて1934年昭和9年2月1日埼玉県新座郡新倉村にいくら駅として開業したのが始まりである。開業直後同年7月12日新倉駅変更した開業当時当駅近隣集落白子宿など川越街道沿いに存在しており、駅は畑の中に開設された。そのため、開業当初一日平均乗客は約94人で、1938年昭和13年)には約160であった大日本帝国陸軍白子村新倉村全面積の約20%相当する土地について1937年昭和12年)から買収進め1941年昭和16年11月2日陸軍予科士官学校移転し1940年昭和15年)に大倉財閥系で機関銃製造していた「中央工業新倉工場」や「芝浦工作機械」「日興航空工業」など多くの軍需工場進出し、駅の南側中心として人口増加した1945年昭和20年)には、一日平均乗客開業時20以上に増加した

※この「駅開業から終戦まで」の解説は、「和光市駅」の解説の一部です。
「駅開業から終戦まで」を含む「和光市駅」の記事については、「和光市駅」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「駅開業から終戦まで」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

駅開業から終戦までのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



駅開業から終戦までのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの和光市駅 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS