電解フッ素化とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 電解フッ素化の意味・解説 

電解フッ素化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/16 14:34 UTC 版)

電解フッ素化または電気化学的フッ素化 (Eelectrochemical fluorination、ECF)とは、有機フッ素化合物の基礎的な製造方法の一つである[1]。電解フッ素化を用いると、炭素-フッ素結合が相対的に不活性なフッ素化物が得られる。電解フッ素化はさまざまな有機物のフッ素化に利用でき[2]、シモンズ法とフィリップス・ペトロリアム法が商用化され、広く使われている。電解フッ素化の発明以前には、 直接フッ素を用いてフッ素化が行われていたが、フッ素を取り扱う危険性のわりに収率も今ひとつであった。電解フッ素化は費用対効果に優れるが、条件によっては低収率になることもある。


  1. ^ G. Siegemund, W. Schwertfeger, A. Feiring, B. Smart, F. Behr, H. Vogel, B. McKusick "Fluorine Compounds, Organic" in "Ullmann’s Encyclopedia of Industrial Chemistry" 2005, Wiley-VCH, Weinheim. doi:10.1002/14356007.a11_349
  2. ^ a b Fred G. Drakesmith "Electrofluorination of Organic Compounds" Topics in Current Chemistry,Vol. 193, Springer, Berlin-Heidelberg, 1997.
  3. ^ J. H. Simons; Harland, W. J. (1949). “The Electrochemical Process for the Production of Fluorocarbons”. Journal of the Electrochemical Society 95: 47–66. doi:10.1149/1.2776735. 
  4. ^ Lino Conte, GianPaolo Gambaretto (2004). “Electrochemical fluorination: state of the art and future tendences”. Journal of Fluorine Chemistry 125: 139–144. doi:10.1016/j.jfluchem.2003.07.002. 
  5. ^ Alsmeyer, Y. W.; Childs, W. V.; Flynn, R. M.; Moore, G. G. I.; Smeltzer, J. C. (1994). “Organofluorine Chemistry: Principles and Commercial Applications”. In R. E. Banks, B. E. Smart, J. C. Tatlow. Organofluorine Chemistry. Boston, MA: Springer. pp. 121-143. doi:10.1007/978-1-4899-1202-2_5. 


「電解フッ素化」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電解フッ素化」の関連用語

電解フッ素化のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



電解フッ素化のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電解フッ素化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS