電突とは?

電突

読み方:でんとつ
別表記:電凸

インターネットスラングで、対応に疑問や不満のある企業・団に対して一般消費者立場電話をかけ、直接企業としての見解立場、対応などを問うことを指す表現電話での突撃取材、といった意味合い略語

電凸

(電突 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/06 02:48 UTC 版)

電凸電突(でんとつ)とは、企業マスコミ宗教団体、官庁政治家政党などに対して電話をかけるなどして、組織としての見解を問いただす行為のこと。




  1. ^ 電話突撃隊出張依頼所
  2. ^ 荻上チキ 『ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性』pp.53, 筑摩書房, 2007年
  3. ^ 実用日本語表現辞典,2012年8月4日付記事(2014年2月4日閲覧)
  4. ^ ウイルスメールやメールボムなどによる妨害を防ぐ観点から、専用のメールアドレスを直接開示することはほとんどなく、専用のフォームに意見を入力し送信する形式が主流となっている。
  5. ^ 読売新聞 コラム「モニ太のデジタル辞典」の電凸(2006年11月10日の新聞紙上に掲載されたもののミラー)
  6. ^ 伊地知晋一 『ネット炎上であなたの会社が潰れる!―ウェブ上の攻撃から身を守る危機管理バイブル』 WAVE出版2009年、22-23・107頁。ISBN 978-4872904161
  7. ^ ネットで実名を特定、「炎上」「電凸」 米国でも日本と同じことが起きていた, J-Castニュース, 2012年6月25日付。事例詳細は中学生バス監視員罵倒ビデオ英語版
  8. ^ 「『大手紙に広告出すな』韓国ネット市民、企業に圧力 牛肉問題『政権に理解』と反発?」 朝日新聞, 2008年6月19日付国際面
  9. ^ 毎日新聞社内で何が起きているのか佐々木俊尚 ジャーナリストの視点, CNET Japan, 2008年8月5日付
  10. ^ 「とくダネ!」で謝罪 放送した資料に関係者の名前判読できる状態に 2012年7月9日 スポニチアネックス
  11. ^ BPOへの電凸情報内容フォーマット共有で同じクレーム多発,週刊ポスト2014年2月14日号
  12. ^ 本学学生および保護者の皆さまへ(PDF), 田村信一(北星学園大学学長), 2014年9月30日.
  13. ^ 慰安婦火付け役 朝日新聞記者はお嬢様女子大クビで北の大地へ, 週刊文春2014年8月6日付.
  14. ^ 「本学学生および保護者の皆さまへ」, 上述PDF


「電凸」の続きの解説一覧

電突

出典:『Wiktionary』 (2016/02/02 03:45 UTC 版)

名詞

 でんとつ

  1. 企業マスコミ宗教団体官公庁政治家政党などに対して電話をかけ、問題とされるふるまいなどを問いただす行為

語源

電話突撃」、「電話突撃レポート」から。

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電突」の関連用語

電突のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



電突のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電凸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの電突 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS