閣僚懇談会とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 閣僚懇談会の意味・解説 

閣僚懇談会

読み方:かくりょうこんだんかい
別名:閣僚懇

閣議後に閣僚全員あつまって開かれる懇談会閣僚懇閣議のように、何かを決定する場としてではなく閣僚互いに意見交換したり共有したりする場として開かれる。 1990年代半ば細川内閣から開かれるようになったもの。

閣僚懇談会は秘密会性格を持っており、基本的には、公式な記者会見の場を除いて内容外部公開されない。2011年7月19日開かれた閣僚懇談会では、枝野幸男官房長官新参閣僚に対し、会の内容口外ないよう指示したことについて、「箝口令を敷いたのか」と話題になったが、官房長官従来どおりの慣習説明したものだとしてこれを否定している。

閣僚懇談会(かくりょうこんだんかい)

閣議のあとで開催される非公式会議

毎週火曜日と金曜日に開かれる閣議終了後、引き続き閣僚全員集まって開かれる。さまざまな政策課題について、自由に意見を述べたり、閣僚同士討論したりする目的開催される。

内閣法規定基づいて開催される閣議とは異なり、閣僚懇談会には法的根拠がない。そのため閣議では、決定了解報告といった行政事務の決裁優先して行われ、閣僚懇談会では、閣僚同士意見交換重点が置かれている

閣僚懇談会の開催は、細川連立政権のときから慣例となった。それまでの間、閣議は、前日事務次官会議で決まったことをそのまま承認するという形式的会合となっていたため、書類署名するだけの「サイン会」だと批判されていた。そこで、当時細川首相が閣僚懇談会を提案し、官僚事前に作成したシナリオによる形式的議事進行からの脱却目指しのだった

閣議も閣僚懇談会も、ともに秘密会であり、閣僚発言議事録に残すことはしない。閣議決定などの決裁記録残り官報でも告知されるが、議論中身については、閣議後に行われる官房長官記者会見を待つしかない

(2001.04.08更新


閣議

(閣僚懇談会 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/21 09:03 UTC 版)

閣議(かくぎ)は内閣が政治の基本的な方針や正式な意思を決定するために開く会議。




「閣議」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「閣僚懇談会」の関連用語

閣僚懇談会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



閣僚懇談会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの閣議 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS