銀鱈とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > 海魚 > 銀鱈の意味・解説 

ぎん だら [0]銀鱈

カサゴ目海魚全長約1メートル。体は細長く、背は灰褐色暗褐色網目模様があり、腹は乳白色背びれが二基ある。塩焼き味噌漬けなどで食用とし、肝臓から油をとる北太平洋深海分布タラ類とは縁が遠い。ホクヨウムツ。

銀鱈

読み方:ギンダラ(gindara)

ギンダラ科海水魚


銀鱈

読み方:ギンダラ(gindara)

ギンダラ科海水魚

学名 Anoplopoma fimbria


ギンダラ

(銀鱈 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/22 10:33 UTC 版)

ギンダラ (銀鱈、英: Sablefish、学名: Anoplopoma fimbria)は、スズキ目ギンダラ科に属する魚類。別名、ナミアラホクヨウムツなど。ギンダラ科には他にアブラボウズが含まれるのみで、本種だけでギンダラ属Anoplopoma)を構成する。肉食の大型深海魚で、食用に漁獲される。




「ギンダラ」の続きの解説一覧



銀鱈と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「銀鱈」の関連用語

銀鱈のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



銀鱈のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのギンダラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS