鉈豆とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 一年草 > 鉈豆の意味・解説 

なた まめ [0] 【鉈豆・刀豆】

マメ科つる性一年草熱帯アジア原産江戸初期渡来。夏、淡紅紫色または白色の花をつける。花後、長さ25センチメートルの平たい湾曲した豆果を結ぶ。若い豆果福神漬けなどに用いる。 [季] 秋。 《 -の鋭きそりに澄む日かな /川端茅舎

なたまめ (鉈豆)

Canavalia gladiata

Canavalia gladiata

Canavalia gladiata

熱帯アジアまたは熱帯アフリカ原産だと考えられています。わが国へは江戸時代初め渡来しました。長い柄のある3出複葉大型です。夏に、淡紅色または白色蝶形花を咲かせます。莢果11月ごろ、長さ30センチ、幅5センチほどになります。別名で「タテワキ帯刀)」とも呼ばれますが、いずれもこののかたちからです。福神漬けなかにもスライスしたものが入っています。また「ジャックと豆の木」のモデルともいわれています。
マメ科ナタマメ属の一年草で、学名Canavalia gladiata。英名は Sword bean
マメのほかの用語一覧
トビカズラ:  ムクナ・ワルブルギー  飛び葛
ドクフジ:  毒藤
ナタマメ:  鉈豆
ナツフジ:  夏藤  紫夏藤
ヌスビトハギ:  荒れ地盗人萩

鉈豆

読み方:ナタマメ(natamame)

マメ科つる性一年草園芸植物薬用植物

学名 Canavalia gladiata


鉈豆

読み方:ナタマメ(natamame)

隠元豆別称


鉈豆

読み方:ナタマメ(natamame)

刀豆別称

季節

分類 植物


鉈豆

読み方:ナタマメ(natamame)

作者 内田百閒

初出 昭和11年

ジャンル 随筆


ナタマメ

(鉈豆 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/13 09:43 UTC 版)

ナタマメ鉈豆Canavalia gladiata)はマメ亜科の蔓性の一年草。原産地は熱帯アジアまたはアフリカ。刀豆(トウズ、タチマメ、ナタマメ)、帯刀(タテハキ)とも呼ばれる。日本へは江戸時代に渡来。約25cmほどの豆果を結ぶ[1]。以前から漢方薬として知られており、近年では健康食品、健康茶としても一般的に知られるようになった。


  1. ^ a b c d e Weblio三省堂大辞林「なた まめ [0] 【鉈▼豆・刀▽豆】」”. 2018年8月10日閲覧。
  2. ^ 藤井 義晴、「未利用植物の有効利用と調理科学への期待」、『日本調理科学会誌』Vol. 41 (2008) No. 3 p. 204-209
  3. ^ 『新編 食用作物』 星川清親 養賢堂 昭和60年5月10日訂正第5版 p548


「ナタマメ」の続きの解説一覧



鉈豆と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鉈豆」の関連用語

鉈豆のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鉈豆のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナタマメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS