路上表層再生工法とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 工事 > 工法 > 路上表層再生工法の意味・解説 

路上表層再生工法

概要
 路上表層再生工法は、流動摩耗によるわだち掘れなどで補修が必要となった既設アスファルト舗装対象に、現位置において表層加熱、かきほぐしを行い必要に応じて新規アスファルト混合物再生添加剤加えて表層再生する工法です。
 当工法大別して、 既設アスファルト舗装形状改善のみを目的としたリフォーム方式既設アスファルト混合物形状改善同時に品質改善もできるリミックス方式リミックスあるいはリフォーム同時に新規混合物オーバーレイするリペーブ方式分類されます。近年ではリペーブ方式オーバーレイ層にポーラスアスファルトを適用する方法開発されています。
 切削オーバーレイ工法比べ騒音振動抑制切削廃材削減CO2発生低減が図れる環境配慮型の舗装技術です。

特徴
● 新規アスファルト混合物使用量を節約できることと、
  短時間施工できるので一般交通沿道住民への影
  響が比較少ないことからCO2発生低減できます
● 既設路面廃棄することなく再生利用する
  ReduceRecycle工法です
● 工事に伴う騒音振動が、切削オーバーレイ等の工法
  比較して小さくなります
● 既設表層対象とした工法のため、基層以下にまで破
  損の及んでいる箇所には適用できません
主たる性能
● 平たん性
用途適用箇所
● 車両走行により機能的破損を呈している表層路面


路上表層再生工法

路上表層再生工法

路上表層再生工法




路上表層再生工法

わだち掘れ、摩耗クラックなどの発生により機能低下したアスファルト舗装路面形状修復して舗装機能回復させる工法で、リミックス方式とリペーブ方式がある。 

リミックス方式

かきほぐした既設表層混合物に、新規アスファルト混合物再生添加材料品質改善為に混合し、形状を整え、これを再生する方式

・リペーブ方式

再生表層混合物の上に、別途新規アスファルト混合物を敷き均し同時に締固め再生する方式






路上表層再生工法と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

路上表層再生工法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

床版上面増厚工法

物理・化学系凍結抑制舗装グルービング設置型

木質系舗装

常温アスファルト混合物

木質系舗装

ニート工法

フルデプスアスファルト舗装

物理・化学系凍結抑制舗装グルービング設置型





路上表層再生工法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
社団法人日本道路舗装建設業協会社団法人日本道路舗装建設業協会
Copyright (C) 2018 社団法人日本道路舗装建設業協会 All rights reserved.
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2018 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-

©2018 Weblio RSS