藤巻十三とは? わかりやすく解説

藤巻十三(ふじまき じゅうぞう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 17:13 UTC 版)

餓狼伝」の記事における「藤巻十三(ふじまき じゅうぞう)」の解説

北海道出身30歳目の前で強盗母親陵辱され、さらに両親殺害されたことをきっかけに高校卒業直後に奈良来て泉宗一郎弟子入りした7年間にわたって竹宮流習っていたが宗一郎の娘の冴子強盗凌辱された現場出くわし逆上強盗投げ技殺害して姿を消し以後指名手配されていた。逃亡中だったが、宗一郎文七敗れたことを知り再び宗一郎前に姿を現した。師の仇である文七のみならず以前に竹宮流習った北辰館空手選手たち敵視しており、闇討ち敢行する姫川泉冴子男女の関係あること知ってからはさらに敵意燃やし北辰館トーナメント乱入して姫川対戦するが、敗北。その直後に逮捕される宗一郎藤巻釈放され後に竹宮流跡目を譲る予定である

※この「藤巻十三(ふじまき じゅうぞう)」の解説は、「餓狼伝」の解説の一部です。
「藤巻十三(ふじまき じゅうぞう)」を含む「餓狼伝」の記事については、「餓狼伝」の概要を参照ください。


藤巻十三(ふじまき じゅうぞう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 17:13 UTC 版)

餓狼伝」の記事における「藤巻十三(ふじまき じゅうぞう)」の解説

泉宗一郎弟子であり、竹宮流柔術使い手。かつて泉冴子襲った強盗殺害し逃走したために指名手配される身に。冴子には偏執的歪んだ愛情持ち冴子認められたということ彼の闘い動機でもあり、丹波文七姫川勉、そして松尾象山を倒すべき敵として狙っている。同時に竹宮流であるという自負心強さ持ち宗一郎丹波虎王伝授した知ったときは激怒した北辰空手実力者闇討ちにかけて丹波おびき出し松尾象山に野試合仕掛けるなどしていたが、やがて松尾一門を倒すという志を同じくた長田に竹宮流伝授するトーナメント前夜追われている身を自覚していた藤巻一方的に長田絶縁宣言するが、変装をした上でこっそりトーナメント参観しており長田窮地に陥る場面で思わ変装取ってしまい、さらには決勝戦において、虎王極めながらも敗北喫した長田目の当たりにし藤巻は、観衆中にもかかわらず名乗りを上げ姫川勉勝負挑む姫川地被りを喰らわせるもいま一歩のところで一本取れず壮絶な打ち合いになり飛び蹴り繰り出すもそれを利用する投げ技を受け敗れた泉宗一郎にその才能を光ある場所で闘えないことを惜しまれる程の実力者大会終了後泉宗一郎松尾象山から自首薦められ、一旦は承諾する結局は藤巻自分)らしさを尊重し警察なぎ倒して逃走した

※この「藤巻十三(ふじまき じゅうぞう)」の解説は、「餓狼伝」の解説の一部です。
「藤巻十三(ふじまき じゅうぞう)」を含む「餓狼伝」の記事については、「餓狼伝」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「藤巻十三」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「藤巻十三」の関連用語

藤巻十三のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



藤巻十三のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの餓狼伝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS