琴ヶ浜海岸の鳴き砂とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 日本の音風景100選 > 琴ヶ浜海岸の鳴き砂の意味・解説 

琴ヶ浜海岸の鳴き砂

島根県仁摩町

●よく聞ける時期
1年中聞くことができる

●よく聞けるところ
波打ち際から4〜5メートルくらいのところ

寄りみち
ガラス張りピラミッドが目をひく仁摩サンドミュージアムは、珍しい砂の博物館。高さ約5メートル、1トンの砂を使った1年砂時計シンボルだ。鳴き砂にかかわる資料展示している。山側へ入れば、三瓶山石見銀山も近い。

 琴ヶ浜海岸は、100メートル幅の白砂の浜が2キロわたって続く美し海岸で、夏は海水浴場盆踊りで、人々親しまれている。

 海岸砂の上を歩いたり、手で砂をこすってみると、心地よい感触とともにキュッキュッと美しい音を奏でる。これが、いわゆる鳴き砂、歌い砂などと呼ばれるのである

 日本中で鳴き砂十数ヵ所あるといわれているが、ここ琴ヶ浜はよく鳴る砂浜として知られている。鳴き砂500万年もの長い年月経てできたもので、鳴き砂に混じって美し微小貝も見え隠れする。

 浜の中央には、琴ヶ浜の名前に由来する琴姫供養する墓碑が建てられている。琴ヶ浜海岸の鳴き砂

アクセス

電車山陰本線馬路駅から徒歩で3分。
マイカー浜田自動車道大朝ICから1時間10分。町営琴ヶ浜公共駐車場あり。

問合せ先
仁摩町総務課島根県邇摩郡仁摩町大字仁万562−3、08548・8・2111



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「琴ヶ浜海岸の鳴き砂」の関連用語

琴ヶ浜海岸の鳴き砂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



琴ヶ浜海岸の鳴き砂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
環境省環境省
Copyright © 2020 Kankyosho All rights reserved.

©2020 Weblio RSS