熱収縮チューブとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 熱収縮チューブの意味・解説 

熱収縮チューブ

英語 thermal shrinkage tube

加熱することによって長さ変化少なく、径が大きく(1/2以上)収縮するチューブをいう。プラスチック形状記憶特性応用したもので、塩化ビニールポリオレフィン、エチレンプロピレン、シリコーンゴム系、フッ素ポリマー熱可塑性エラストマーなどを原料として諸種製品が製作されている。家電電子機器自動車航空機などの分野において、電線ハーネス結束耐熱保護絶縁保護などの幅広い用途使用されている。内面接着層を設けたものは防水保護防食保護にも使用されている。高耐熱性、耐油・耐薬品性求められる航空機自動車エレクトロニクス製品ハーネス保護用には、200上の耐熱の熱収縮チューブも開発されている。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

熱収縮チューブ

読み方ネツシュウシュクチューブ
【英】:heat shrinkable tube

熱収縮チューブとは、加熱によって収縮する樹脂チューブのこと。円柱円筒状の対象物よりも一回り大きサイズの熱収縮チューブを被せてから、熱風などにより収縮させることで、対象物密着したピッタリのサイズにできる。主な素材としてフッ素樹脂PFAFEPなどがあり、汚れがつきにくく非粘着優れた耐薬品性、高い絶縁性などの特長がある。配線接続部の電気絶縁や、プリンタファックスなどのローラなどに用いられる。
■ 関連技術


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「熱収縮チューブ」の関連用語

熱収縮チューブのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



熱収縮チューブのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
イプロスイプロス
COPYRIGHT © 2001-2018 IPROS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED
モノシリ

©2018 Weblio RSS