普光江家住宅主屋東棟とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 国指定文化財等データベース > 普光江家住宅主屋東棟の意味・解説 

普光江家住宅主屋東棟

名称: 普光江家住宅主屋東棟
ふりがな ふこうえけじゅうたくしゅおくひがしとう
登録番号 39 - 0099
員数(数): 1
員数(単位):
構造 木造平屋建瓦葺建築面積62
時代区分 明治
年代 明治初期大正13移築
代表都道府県 高知県
所在地 高知県安芸郡田野町2051
登録基準 造形規範となっているもの
備考(調査): 雑貨及び呉服店を営んだ商家屋号は「扇屋」。
施工者:
解説文: 田野町中心街弓道北面して建つ。桁行4間梁間4間規模東西棟,切妻造桟瓦葺の木造つし2階建で,内部は田の字型4室間取とし,道路沿いの北面には連子を入れる。東妻面の土佐漆喰塗壁に3段の水切瓦が土佐土蔵造建築特徴を示す。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

普光江家住宅主屋東棟のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



普光江家住宅主屋東棟のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2020 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS