富士通長野システムエンジニアリングとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 企業・法人 > 企業・法人 > 日本の情報・通信業 > 富士通長野システムエンジニアリングの意味・解説 

富士通長野システムエンジニアリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 02:17 UTC 版)

株式会社富士通長野システムエンジニアリング(ふじつうながのシステムエンジニアリング 英:Fujitsu Nagano Systems Engineering Limited)は過去に存在した会社。2012年4月1日、同社、富士通北海道システムズ、富士通東北システムズ、富士通システムソリューションズの4社が合併し(存続会社は富士通システムソリューションズ)、株式会社富士通システムズ・イーストとなった。長野県を主な活動地域とするシステムインテグレーターであった。名称の通り富士通の100%子会社である。「InfoValley」という名称で地域インターネットサービスプロバイダ事業も展開していた。




「富士通長野システムエンジニアリング」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「富士通長野システムエンジニアリング」の関連用語

富士通長野システムエンジニアリングのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



富士通長野システムエンジニアリングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの富士通長野システムエンジニアリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS