天国の本屋 恋火とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > 天国の本屋 恋火の意味・解説 

天国の本屋 恋火

原題:
製作国:日本
製作年:2004
配給:松竹
スタッフ
監督:篠原哲雄 シノハラテツオ
製作:久松猛朗 ヒサマツタケロウ
プロデューサー:榎望 

遠谷信幸 トオヤノブユキ
原作:松久淳 マツヒサジュン

田中渉 タナカワタル
脚色:狗飼恭子 イヌカイキョウコ

篠原哲雄 シノハラテツオ
企画:宮島秀司 ミヤジマヒデジ
撮影:上野彰吾 ウエノショウゴ
音楽:松任谷正隆 マツトウヤマサタカ
音楽プロデューサー:小野寺重之 オノデラシゲユキ
美術:小澤秀高 オザワヒデタカ
編集:川瀬功 カワセイサオ
録音:岸田和美 キシダカズミ
スクリプター:西岡容子 ニシオカヨウコ
スチール:鈴木さゆり スズキサユリ
音響効果:帆苅幸雄 
その他:迫本淳一 サコモトジュンイチ

森隆一 モリリュウイチ

亀井修 カメイオサム

石川富康 イシカワトミヤス

細野義朗 ホソノヨシアキ

早河洋 ハヤカワヒロシ

宮島秀司 ミヤジマヒデジ

斉藤朋彦 サイトウトモヒコ

岩田均 

野地千秋 ノジチアキ

森太郎 モリタロウ

北川淳一 キタガワジュンイチ

山本信毅 ヤマモトノブタケ

石橋瑞枝 イシバシミズエ

河原歩 カワラアユミ

浅梨なおこ 

高橋聡 

千葉真一(サニー千葉) チバシンイチ(サニーチバ)

泉谷修 イズミタニオサム

日本エフェクトセンター ニホンエフェクトセンター

増田英和 マスダヒデカズ

今井元 イマイゲン

鴫原譲 シギハラユズル

松任谷由実 マツトウヤユミ
助監督:谷口正晃 タニグチ
照明:矢部一男 ヤベカズオ
キャスト(役名
竹内結子 タケウチユウコ (長瀬夏子
竹内結子 タケウチユウコ (桧山翔子
玉山鉄二 タマヤマテツジ (町山健太)
原田芳雄 ハラダヨシオ (ヤマキ
香川照之 カガワテルユキ (瀧本
香里奈 カリナ (由衣)
新井浩文 アライヒロフミ (サトシ
大倉孝二 オオクラコウジ (マル
斉藤陽一郎 サイトウヨウイチロウ (千太郎
吉田日出子 ヨシダヒデコ (ヨネ
桜井センリ サクライセンリ (太助)
香川京子 カガワキョウコ (桧山幸)
鰐淵晴子 ワニブチハルコ (「天国喫茶店ママ
塩見三省 シオミサンセイ (西山
根岸季衣 ネギシトシエ (太田
かとうかずこ カトウカズコ (長瀬妙子
あがた森魚 アガタモリオ (長瀬郁朗)
斎藤歩 サイトウアユム (コンサート・マネージャー)
宮内達哉 ミヤウチタツヤ (弦楽カルテット
長谷川加奈 ハセガワカナ (弦楽カルテット
貞広典子 サダヒロノリコ (弦楽カルテット
中村淳一 ナカムラジュンイチ (弦楽カルテット
久保海晴 クボハルウミ (町山健太(子供時代))
重田恵里 シゲタエリ (長瀬夏子子供時代))
猪股ユキ イノマタユキ (看護婦
丸橋夏樹 マルハシナツキ (山田
福谷亮弥 フクタニリョウヤ (薫)
水木薫 ミズキカオル (「天国卒業生」)
竹嶋康成 タケシマヤスナリ (「天国の本屋」客)
森下能幸 モリシタヨシユキ (「天国の本屋」客)
ロケット・マツ ロケット・マツ (「不思議公園楽団」)
川口義之 カワグチヨシユキ (「不思議公園楽団」)
三上敏視 ミカミトシミ (「不思議公園楽団」)
田口昌由 タグチマサヨシ (「不思議公園楽団」)
解説
天国地上を結ぶ愛の奇跡を描いたファンタジー監督は「深呼吸の必要」の篠原哲雄松久淳田中渉による2篇の原作天国の本屋』『天国の本屋 恋火』を基に、狗飼恭子篠原監督共同脚色撮影を「星に願いを。の上野彰吾が担当している。主演は、「星に願いを。」の竹内結子と「eiko」の玉山鉄二
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
楽団解雇され、自暴自棄になっていたピアニスト健太人材管理官名乗るヤマキと言うに連れられ、”天国の本屋“で短期アルバイトをすることになった彼は、そこで憧れピアニスト翔子出会うが、彼女はある事故片耳聴覚を失い、以来ピアノ弾けなくなっていた。一方その頃地上では翔子の姪の香夏子10年前に中止になっていた花火大会復活させるべく、仲間たち奮闘していた。しかし、その大会フィナーレを飾ってきた、それを一緒に見ると男女深い仲になれると言う伝説の“恋する花火”の花火師で、実は翔子恋人だった瀧本は、暴発事故起こし翔子聴覚を奪ってしまったのをきっかけに、既に花火師を辞めていたのである。だが、香夏子知っていた。叔母は、最期まで瀧本花火上がるのを楽しみにしていたことを。そこで、彼女は瀧本説得しようと、彼のもとへ日参続けた。同じ頃、翔子途中で断念していた組曲を、健太協力完成させようとしていた。それは、毎年瀧本花火モチーフ作り続けてきたもので、10曲になった時に結婚しよう誓い合っていたのだが、10回目の年、瀧本花火は上がらず、翔子も病に倒れ他界してしまったのだった花火大会の日。果たして、香夏子想い通じ瀧本恋する花火打ち上げ天国翔子はそれを見ながら完成させた組曲を自ら弾くことが出来た。そして、地上では天国でのバイトを終えた健太翔子の曲を演奏し、それを聞きつけた香夏子と共に恋する花火を見るのだった

天国の本屋〜恋火

(天国の本屋 恋火 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/18 08:35 UTC 版)

天国の本屋〜恋火』(てんごくのほんや〜こいび)は、2004年日本映画松竹配給。


  1. ^ 「2004年度 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2005年平成17年)2月下旬号、キネマ旬報社2005年、 152頁。


「天国の本屋〜恋火」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天国の本屋 恋火」の関連用語

天国の本屋 恋火のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



天国の本屋 恋火のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天国の本屋〜恋火 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS