単胴船とは? わかりやすく解説

船体

(単胴船 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 15:34 UTC 版)

船体(せんたい、: hull ハル)とは、船舶の主たる構造体のことで、船底(せんてい。船体底面、下面)、舷、舷側(船体側面。船側=せんそく、船端=ふなばたとも)、甲板(かんぱん。船体や船室上の平らな面)のこと[1]。甲板の上のさまざまな物(たとえば、マスト(帆柱)や さまざまな艤装)、また原動機などは船体に含めない[1]


  1. ^ a b Oxford Lexico, hull.[1].The main body of a ship or other vessel, including the bottom, sides, and deck but not the masts, superstructure, rigging, engines, and other fittings. .
  2. ^ パーソナルウォータクラフトを含む船底がV字型の小型艇は、スキー二輪車のコーナリングと同様に船体を内傾させて旋回する
  3. ^ 土屋孟、「こんなところに複合材料:歴史編―II.FRP漁船の開発史」 『日本複合材料学会誌』 2003年 29巻 4号 p.129-135, doi:10.6089/jscm.29.129, 日本複合材料学会
  4. ^ a b 泉江三著 『日本の戦艦 上』 グランプリ出版 2001年4月20日初版発行 ISBN 487687221X
  5. ^ 池田良穂著 「図解雑学 船のしくみ」 ナツメ社 2006年5月10日初版発行 ISBN 4-8163-4090-4
  6. ^ a b 池田宗雄著 「船舶知識のABC」 成山堂書店 第2版 ISBN 4-425-91040-0
  7. ^ 恵美洋彦著 「Illustrations of Hull Structures」 成山堂書店 2006年11月28日初版発行 ISBN 4-425-71381-8
  8. ^ 佐藤忠著 「セメント船を造ろう」 パワー社 2001年9月25日発行 ISBN 4-8277-2277-3
  9. ^ 吉識恒夫著 「造船技術の進展」 成山堂書店 2007年10月8日初版発行 ISBN 978-4-425-30321-2
  10. ^ 池田良穂著 『内航客船とカーフェリー』 成山堂書店 平成20年7月18日新訂初版発行 ISBN 9784425770724



単胴船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 07:37 UTC 版)

「船」の記事における「単胴船」の解説

水面下沈んで直接接す船体1つである船型である。多くの船が単胴船であり、船舶歴史おいても最も古く船舶設計造船技術基本となった双胴船三胴船は単胴船からの派生デザインといえる1人乗り手漕ぎボートから大型タンカーまでの船舶が単胴船であり、特に高速航行波浪に対する非常に高い安定性幅広い甲板求めない場合には、燃費建造コストの点有利である接す船底部の形によって「ラウンドビルジ型」と「ハードチャイン型」に分かれる多くの単胴船は船底丸くスムースなラウンドビルジ型となっているが、船底での揚力得て水面滑走するモーターボートのような小型艇鋭角的な船底を持つハードチャイン型である。また、はしけの仲間流線型をとらずに四角い箱型の「バージ船型」というものもある。 単胴船での甲板上の上構造物(上構)の配置によって、更にいくつかの船型分けられる上甲板上の建造物の内で左右両舷に渡って占めているものを「」(ろう)や「船楼」(せんろうErection)と呼びその位置によってそれぞれ船首楼Forecastle)、船橋楼Bridge)、船尾楼(Poop)と呼ばれる。この配置によって以下のように分かれる。 平甲板型:大型タンカーに多い 凹甲板型:ウェル甲板型とも呼ばれ小型の貨物船に多い 三島型:昔の貨物船標準形、またはタンカーに多い 全通船楼型:客船フェリーPCC(自動車専用船)などに多い

※この「単胴船」の解説は、「船」の解説の一部です。
「単胴船」を含む「船」の記事については、「船」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「単胴船」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

単胴船のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



単胴船のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの船体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの船 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS