備中手延べ麺とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 食べ物 > 料理 > うどん > 備中手延べ麺の意味・解説 

備中手延べ麺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 16:08 UTC 版)

備中手延麺(びっちゅうてのべめん)とは、岡山県浅口市鴨方町(旧備中国)およびその周辺部で手延べ方式で生産されるの事である。主にうどんそうめんひやむぎが有名。


  1. ^ 「うどん」の基準は、機械を用いた乾麺では日本農林規格(JAS規格)の乾めん類品質表示基準 (PDF) により直径を1.7mm以上に成形したもの(1.3mm以上~1.7mm未満に成形したものは「ひやむぎ」の基準でもあるが、それを満たしている場合「細うどん」とも表示可能)となっており、手延べうどんについては同基準により直径が1.7mm以上で丸棒状に成形した上で手延べ干しめんの日本農林規格 (PDF) を満たした物が該当する。


「備中手延べ麺」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「備中手延べ麺」の関連用語

備中手延べ麺のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



備中手延べ麺のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの備中手延べ麺 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS