リバースオークションとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 商取引 > オークション > リバースオークションの意味・解説 

リバース・オークション

【英】reverse auction

購入者売買価格指し値すること。

リバースオークション

別名:逆オークション
【英】reverse auction

リバースオークションとは、商取引における販売方式のひとつで、バイヤー買い手)が希望商品購入金額条件などを提示し、これについてサプライヤー売り手)側が各自提供できる価格提示返して、その中で最も安く価格をつけたサプライヤー取引先として選ぶ取引方法のことである。

リバースオークションは、ちょうど一般的なオークション売り手買い手逆転した方式であるといえる通常のオークション方式は、サプライヤー販売条件などを定め上でバイヤー購入希望価格上げてゆくという意味で「加法式」であるといえるが、逆オークション場合サプライヤーが提供価格下げてゆくので「減法式」であると表現することができる。公共事業における工事受注入札はリバースオークションに近い形態とっている。

リバースオークションは、米国旅行会社Priceline.com社によって航空券指し値購入できるサービスとして考案された。このサービスビジネスモデル特許取得し、他企業が行った同様のオークションとの間に訴訟問題も起きている。


参照リンク
Priceline.com

リバースオークション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/26 00:04 UTC 版)

リバースオークションあるいは逆オークションReverse Auction)とは、売り手が買い手を選定する通常のオークションと異なり、買い手が売り手を選定する逆(Reverse)のオークションである。政府による調達Procurement)の際に行われる競争入札がこれに対応する。通常のオークションでは売り手が商品を拠出し、買い手が価格を入札して最も高い価格を入札した者に商品が渡る。(つまり、売り手が買い手を選定している。)


  1. ^ 日本経済新聞新聞 [1]
  2. ^ 「総理、増税よりも競り下げを」(ダイヤモンド社村井宗明著) [2]


「リバースオークション」の続きの解説一覧



リバースオークションと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リバースオークション」の関連用語

リバースオークションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



リバースオークションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2019by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリリバースオークションの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリバースオークション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS