ラミーノーズ・テトラとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 魚類 > 淡水魚 > ラミーノーズ・テトラの意味・解説 

ラミーノーズ・テトラ

ラミーノーズ・テトラ
通称:ラミーノーズ・テトラ
学名Petitella georgiae (Géry & Boutière, 1964)
サイズ:約4cm
水温2226度(2232度)
pH:5.5~7.0(4.0~8.0)
水温pH最適な値と共に()中にある値は飼育可能な適応範囲を表しています。
熱帯魚生き物ですので数値はあくまで参考程度としてお考えください
ラミーノーズ・テトラは南米原産小型カラシン1つです。  インボイスネームとなっている“ラミーノーズ”とは酔っ払いの鼻を意味し、頭部酔っ払い鼻のように赤い事から名付けられました。  頭部赤色は状態の良し悪し濃淡が変わることが多く調子がよい時ほど赤くなるので体調バロメーターとして見ることもできます。  東南アジア盛んに養殖されている人気の高い小型カラシンですが、頭部赤味ワイルド個体の方が強いため、高価ではありますが、 ワイルド個体人気があるです。
飼育について
水温水質、共に適応範囲広く、特に気にすることなく飼育できますが、最高の発色を楽しむためには ピートの効いた酸性域の軟水で飼育するのが好ましいと言えます。 餌も糸ミミズミジンコなどの活餌冷凍飼料からフレークフードのような人工飼料まで何でもよく食べます。 小型カラシン多くは最低でも5~10尾ほどは飼育することで餌食いも良くなり、怯え難くなるのでまとめて育するのがベストです。

ラミーノーズテトラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/25 09:37 UTC 版)

ラミーノーズテトラ(学名:Hemigrammus bleheri)は、南米ネグロ川などに生息する小型カラシンの一種。




「ラミーノーズテトラ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ラミーノーズ・テトラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ラミーノーズ・テトラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
オオツカ熱帯魚オオツカ熱帯魚
Copyright:(C) 2019 otsuka-nettaigyo, All Rights Reserved.
オオツカ熱帯魚熱帯魚写真館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのラミーノーズテトラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS