マツバノタマバエとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 森林生物図鑑 > マツバノタマバエの意味・解説 

マツバノタマバエ

和名:マツバノタマバエ
学名Thecodiplosis japonensis Uchida et Inouye
    ハエ目タマバエ科
分布日本全土朝鮮半島
 
写真(上):マツバノタマバエの被害
写真(下):虫こぶ(マツバタマフシ)内のマツバノタマバエ幼虫
説明
成虫体長は1.5〜2.6mm,成熟幼虫体長約3mm。アカマツクロマツなど二葉マツ類の針根元虫こぶ(マツバタマフシ)を作る害虫である。本種の被害を受けた針は短くなり(健全の約1/3),秋の終わりから翌春にかけて茶色変色して枯れ落ちる。年1回発生し,4〜6月羽化した成虫交尾後,伸長始めた1〜1.5cmの産卵する。9月には針根元肥大して虫こぶ成熟する。虫こぶ内には複数幼虫生息する。101月幼虫虫こぶ脱出して土中で冬を越し翌春に繭を作ってになる。本種の被害クロマツよりアカマツ多く発生する傾向強く被害大きい。アカマツ虫こぶ形成50%程度被害2年以上続くと,ほとんどの木は枯死する。韓国ではマツ最重要害虫として知られる。
マツバノタマバエの被害

虫こぶ(マツバタマフシ)内のマツバノタマバエ幼虫



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

マツバノタマバエのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マツバノタマバエのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2019 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved

©2019 Weblio RSS