マツノキハバチとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 昆虫 > バチ > マツノキハバチの意味・解説 

マツノキハバチ

和名:マツノキハバチ
学名Neodiprion sertifer GEOFEROY
    ハチ目マツハバチ
分布北海道本州九州韓国ヨーロッパ北アメリカ
 
写真(上):マツノキハバチ成虫.(左上雌,右下雄)
写真(下):マツノキハバチ幼虫
説明
幼虫アカマツクロマツハイマツなどに群棲して針食害する。成虫体長は8〜9mm老熟幼虫体長25〜30mm。平地では1年に1回,高地では2年に1回の発生。卵で越冬し,春先孵化する。幼虫は終齢期を除いて群棲しながら摂食する。5月中旬から6月上旬には老熟し,落葉中に潜って繭を作るが,繭内幼虫のまま夏を過ごし9月上旬10月下旬蛹化羽化する。成虫羽化脱出後1〜2日交尾し,先端部の針葉組織内に産卵する。若齢において大発生することが多いが,通常は1〜2年発生終息する。
マツノキハバチ成虫.(左上雌,右下雄)

マツノキハバチ幼虫


松黄葉蜂

読み方:マツノキハバチ(matsunokihabachi)

マツハバチ科の昆虫

学名 Neodiprion sertifer




マツノキハバチと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マツノキハバチ」の関連用語

マツノキハバチのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



マツノキハバチのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2019 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS