フィトクロームとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > フィトクロームの意味・解説 

フィトクロム

同義/類義語:フィトクローム, フィトクロムI, フィトクロムII
英訳・(英)同義/類義語:phytochrome

種子発芽など植物が行う光応答で、赤色光を感知する光受容色素タンパク質。光の刺激を受けるとタンパクキナーゼとして自己リン酸化して活性型となり、さらに他のタンパクリン酸化して刺激伝達する。遺伝活性調節関与する場合もある。

フィトクロム

(フィトクローム から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/30 04:00 UTC 版)

フィトクロム (phytochrome) は植物真菌細菌シアノバクテリアに含まれる色素タンパク質である。フィトクロムは、赤色光吸収型(Pr型)と遠赤色光吸収型(Pfr型)の間を可逆的に光変換することで、それぞれの光を受容する。






「フィトクロム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フィトクローム」の関連用語

フィトクロームのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フィトクロームのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフィトクロム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS