バイノスとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > バイノスの意味・解説 

バイノス

英語:binos

バイオマス研究所開発した新種藻類クロレラと同じ微細藻類属する。葉緑素多く高効率光合成を行うことができる。細胞80パーセント葉緑体構成されているという。

バイノスは、代謝物として酵素などを分泌するため、細菌繁殖抑制することができる。このため薬剤によらない排水処理方法としての用途期待されている。細胞分裂を行う速度早いため量産ができる。

2011年10月、バイノスが特定の放射性物質に対して高い吸着効果を示すことが、研究成果として発表された。放射性ストロンチウム放射性ヨウ素などに対して特に高い吸着効果発揮するという。

2011年3月東京電力福島第一原子力発電所原発事故発生し、汚染水浄化のために多孔性物質ゼオライトなどが投入されているが、バイノスはゼオライト代替する浄化材料として使用できる見込みがあり、期待されている。

関連サイト
微細藻類を用いた排水生物処理装置の開発 - 財団法人技術開発財団


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バイノス」の関連用語

バイノスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



バイノスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS