スルホン化とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > スルホン化の意味・解説 

スルホン‐か〔‐クワ〕【スルホン化】

読み方:するほんか

有機化合物水素原子スルホ基置換させる反応


スルホン化


スルホン酸

(スルホン化 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/08 18:09 UTC 版)

スルホン酸(スルホンさん、英語: Sulfonic acid)はスルホ基 (別名、スルホン基、スルホン酸基) (-SO3H, sulfo group) が置換した化合物の総称である。一般的には炭素骨格にスルホ基が置換した有機化合物をさす。一方、スルホン酸の置換基 (R-) が炭素骨格を含まない無機のスルホン酸はハロゲンと置換した塩化スルホン酸(クロロ硫酸)、フルオロスルホン酸は存在するが、水素と置換した無置換の無機スルホン酸は存在しない(その他の硫黄を含むオキソ酸については硫黄のオキソ酸を参照)。


  1. ^ Mattson, G., et al. (1993). “A practical approach to crosslinking”. Molecular biology reports 17 (3): 167-183. doi:10.1007/BF00986726. 


「スルホン酸」の続きの解説一覧

スルホン化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 07:25 UTC 版)

一次構造」の記事における「スルホン化」の解説

チロシン酸素原子はスルホン化されうる。頻繁に見られる修飾でないが、小胞体ではなくゴルジ体行われるリン酸化チロシンと同様にスルホン化チロシン細胞表面のケモカインレセプターのように、ある種認識関わる。またリン酸化と同様に、スルホン化では中性側鎖負電荷与える。

※この「スルホン化」の解説は、「一次構造」の解説の一部です。
「スルホン化」を含む「一次構造」の記事については、「一次構造」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スルホン化」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スルホン化」の関連用語

スルホン化のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スルホン化のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2023 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスルホン酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの一次構造 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS