クォンタイズとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > デジタルレコーディング用語 > クォンタイズの意味・解説 

クォンタイズ [quantize]

リアルタイム入力したMIDIデータ等で、そのタイミングズレ狂いシーケンス/ソフト上で正確に修正すること。入力済みデータに対して行う場合と、入力時に行う場合とある。

クォンタイズ [quantize]

直訳すれば「量子化」。音楽における連続的時間微少単位区切って扱うことが時間量子化するということである。実際には、シーケンスソフトにおいて発音タイミング指定された音符種類によって強制的ジャストタイミング移動させるタイミング補正機能としてよく使われる。最近シーケンスソフトでは完璧ジャスト位置強制移動させるのではなく、その強さパーセント設定したり、またクォンタイズのかかる範囲を、どのくらいずれている音符に対してかけるかを設定することがでる。またもっとも新しいのはグルーブ・クォンタイズで、独特のノリをあらかじめ登録しておいて、その情報元にクォンタイズをかけることができる。通常の8ビートを4ビートシャッフルリズム用いられる3連のリズム変換してしまうスイング・クオンタイズも便利。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クォンタイズ」の関連用語

クォンタイズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クォンタイズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2022 AMEI.OR.JP
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス

©2022 GRAS Group, Inc.RSS