離散フーリエ変換とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 離散フーリエ変換の意味・解説 

離散フーリエ変換

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/15 05:40 UTC 版)

離散フーリエ変換(りさんフーリエへんかん、英語: discrete Fourier transformDFT)とは次式で定義される変換で、フーリエ変換に類似したものであり、信号処理などで離散化されたデジタル信号周波数解析などによく使われる。また偏微分方程式畳み込み積分の数値計算を効率的に行うためにも使われる。離散フーリエ変換は(計算機上で)高速フーリエ変換(FFT)を使って高速に計算することができる。


  1. ^ ディジタル信号処理分野の古典である、OppenheimとSchaferの著書『ディジタル信号処理』ではの代わりにを使用している。


「離散フーリエ変換」の続きの解説一覧

離散フーリエ変換

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 00:40 UTC 版)

量子コンピュータ」の記事における「離散フーリエ変換」の解説

振幅に対して離散フーリエ変換を行うが、振幅直接観測できないこと注意が必要。ショアのアルゴリズム使われている。QCLでのソースコード以下の通り変数 q を離散フーリエ変換している。V は conditional phase、H はアダマール変換である。 for i = 1 to #q { for j = 1 to i - 1 { V(pi / 2^(i - j), q[#q - i] & q[#q - j]); } H(q[#q - i]);}flip(q);

※この「離散フーリエ変換」の解説は、「量子コンピュータ」の解説の一部です。
「離散フーリエ変換」を含む「量子コンピュータ」の記事については、「量子コンピュータ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「離散フーリエ変換」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「離散フーリエ変換」の関連用語

離散フーリエ変換のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



離散フーリエ変換のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの離散フーリエ変換 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの量子コンピュータ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS