ガンマGTPとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ガンマGTPの意味・解説 

ガンマGTP

別名:γ-GTPγグルタミルトランスペプチダーゼガンマグルタミルトランスペプチダーゼ

酵素一種。主にタンパク質分解する働きをもつ。アルコールなどによって肝細胞破壊された際などに、血液中に流れ出てきて濃度を増すという特徴的性質があり、アルコール性肝障害検査などで指標として利用されている。

血中のガンマGTPが一定基準値を超えている場合は、脂肪肝肝硬変肝臓がんといった肝臓疾患、あるいは胆石などによる胆道の詰まり、といった内臓疾患が生じている可能性が高いとされる

ガンマGTPはアルコール敏感反応し、血液検査判定可能であるため、健康診断などにおける肝機能検査方法として多く利用されている。

関連サイト
γ-GTP - ニュートンドクター


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ガンマGTP」の関連用語

ガンマGTPのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ガンマGTPのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS