アラザンとは?

Weblio 辞書 > 食品 > お菓子用語 > アラザンの意味・解説 

アラザン [2]フランス argent】

砂糖デンプンを混ぜて粒状にし,食用銀粉付着させたもの。洋菓子装飾に用いる。

アラザン

フランス語で<銀>の意味、銀色に光った粒玉。砂糖の粒に薄く銀箔を覆ったもので、主にケーキ表面装飾に使われる。 森永は0号 (1mm)、 3号( 3) :砂糖の粒に直接銀箔掛け。 6号(6)、10号(10):砂糖の粒にチョコレート掛け その廻り糖衣、そして銀箔掛け

アラザン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/14 06:38 UTC 版)

アラザンは、製菓材料。銀色の粒状で、甘みがある。




「アラザン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アラザン」の関連用語

アラザンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アラザンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
イシハライシハラ
Copyright (C) 2019 Ishihara Co.,Ltd. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアラザン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS