アカハナカミキリとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 昆虫類 > カミキリ > アカハナカミキリの意味・解説 

赤花天牛

読み方:アカハナカミキリ(akahanakamikiri)

カミキリムシ科昆虫


アカハナカミキリ

和名 アカハナカミキリ
学名 Stictoleptura (Aredolpona) succedanea (Lewis, 1879)
名称由来
分布 北海道利尻島奥尻島本州佐渡四国九州
沖縄諸島沖縄島)、小笠原諸島父島);千島列島樺太東アジア
寄生植物 各種針葉樹一部広葉樹
標本処理 亜硫酸○ 酢酸エチル○ 
体長 12-22mm

2005年7月17日長野県

アカハナカミキリ

アカハナカミキリ

前胸が黒いタイプ

2010年8月富士山

アカハナカミキリ



岩手県にて  撮影小関
アカハナカミキリアカハナカミキリ



旧学名:Aredolpona succedanea (Lewis, 1879)


アカハナカミキリ

和名:アカハナカミキリ
学名Corymbia succedanea Lewis
    コウチュウ目カミキリムシ科
分布北海道利尻島奥尻島本州小笠原諸島父島移入種),飛島粟島佐渡隠岐宮島四国九州沖縄諸島沖縄本島移入種);千島列島樺太東アジア
 
写真(上):アカハナカミキリ成虫
説明
成虫体長1222mm幼虫針葉樹広葉樹衰弱木や倒木樹皮下で発育する。成虫は7〜9月にかけて出現して,ノリウツギウド類の花に飛来する。また,伐倒木にも集まる。盛夏にしばしば見つけることの出来カミキリムシである。前胸背の色には変異があり,赤から黒色を示す。エゾマツアカトドマツウラジロモミトウヒカラマツアカマツクロマツ等の針葉樹利用する。
アカハナカミキリ成虫


赤花天牛

読み方:アカハナカミキリ(akahanakamikiri)

カミキリムシ科昆虫

学名 Leptura succedanea




アカハナカミキリと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アカハナカミキリ」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

アカハナカミキリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アカハナカミキリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
カミキリ情報館カミキリ情報館
この記事は「カミキリ情報館」の中の「カミキリムシ図鑑21世紀」の記事・画像を転載しております。
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2019 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS