れぷちんとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 健康用語 > れぷちんの意味・解説 

レプチン

読み方:れぷちん
【英】:Leptin

 脂肪細胞から分泌されるペプチドホルモンで、アディポサイトカイン代表的なものです。インスリン刺激を受けて作り出され、視床下部にある満腹中枢作用して食欲抑えます。また、交感神経活性化させて脂肪を燃やし、エネルギー消費促すことで肥満抑制する働きあります遺伝性肥満マウス原因遺伝子研究する過程で、1994年発見命名されました。レプチンは通常食欲抑える働きをしますが、肥満が進むとレプチンの分泌量が相対的に少なくなるだけでなく、レプチンの働きが悪くなってきます。これをレプチン抵抗性といいます。またレプチンは交感神経活性化させるため、血圧上昇させる作用あります。このほか、免疫調節機能などさまざまな働きがあることが分かってきています。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

れぷちんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



れぷちんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
厚生労働省厚生労働省
(C)2019 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
QUPiOQUPiO
Copyright © 2019 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved

©2019 Weblio RSS