ぺけとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > ぺけの意味・解説 

ぺけ

  1. 雨天或は娼妓売春婦。又は外国人をいふ。

ぺけ

  1. 娼妓売春婦。〔第二類 人物風俗
  2. 娼妓売春婦。〔掏模

分類 掏摸


不可

読み方:ぺけ

  1. 支那語不可の訛、よからぬこと悪しきこと。「ぽこぺん」。
  2. 不可。不成立破談。悪い。などの意。不可の支那音の訛りとも、又馬来語Pergiの転化なりともいふ。横浜神戸辺の商業用語としては、買主(主に外国商館)が商品買取り談合中止受渡し拒絶する事を云ひ、その商品を「ペケ品」などといふ。
  3. 駄目だといふこと。支那語ぽこぺんから転訛したもの
  4. 駄目だといふこと。
  5. マレイ語のpergiの転じたものであるといはれ、又和蘭人が馬鹿をBakaと記したのを英人ペケ誤読したのだといふ説もある。明治初年横浜居留地から起つ言葉である。可からずといふ意で、愚案失敗拒絶不採用、軽い排斥等の意味がある
  6. マライ語のPergiの転訛したもので、不可、不成立破談など駄目なることに広く用いられる。

分類 俗語商業用語、東京

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

×

(ぺけ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/27 08:39 UTC 版)

×は、記号の一つ。読み方は「かける」「ばつ」「ぺけ」「たすきじるし」「ばってん」「ちょめ」「クロス」「バイ」など。読み物等を音読する上では「スラー」と読むこともある。


  1. ^ 安藤洋美、『中学数学精義』、現代数学社、2005年、73頁。ISBN 978-4-7687-0292-5 C3041
  2. ^ a b 計算記号の歴史 日本文教出版、2019年6月28日閲覧。
  3. ^ 常光徹『しぐさの民俗学』ミネルヴァ書房 2006年、ISBN 4623046095 pp.198-210.
  4. ^ 起源は漫画「まことちゃん」とされるが、山城新伍(俳優)が司会を務めたテレビ番組「アイ・アイゲーム」で人口に膾炙したとされる(該当項目参照)。


「×」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ぺけ」の関連用語

ぺけのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ぺけのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの× (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS