てんてこまいとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > てんてこまいの意味・解説 

てんてこ‐まい〔‐まひ〕【天手古舞(い)】

[名](スル)里神楽などの太鼓の音に合わせて舞う意から》あわててさわぐこと。忙しくてあわただしく立ち働くこと。「客が殺到して天手古舞いする」

[補説] 「天手古」は当て字


てんてこまひ

読み方:てんてこまい

  1. 忙しくあわてふためくことをいふ。
  2. 忙しくつて周章狼狽することをいふ。

分類 俗語

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

てんてこまい

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 17:48 UTC 版)

名詞・形容動詞

てんてこまい(い)・手古舞

  1. 動詞用法はまれ)あることを処理するのに非常忙しく、ことの善し悪し判断ややり方の工夫考え間もなく、その処理のみに追われること、又はその様。

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「てんてこまい」の関連用語

てんてこまいのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



てんてこまいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのてんてこまい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS